手作り入浴剤

テーマ:
051030_2032~001.jpg
今日は子供の高校の文化祭でした
ちょっと専門的な高校なんでユニークなものもありました

なぜかPTAのお部屋で一人の先生が入浴剤の作り方を教えてらっしゃいました。
ラベンダーのアロマオイルをいれた炭酸発砲効果のある入浴剤です。
さっそく作ってみました(*^_^*)

簡単に作れたんですよ。
真剣に材料買って作ってみようかな?
すごく安くできそう
かたまりが小さいけど、しゅわしゅわ泡がたち、いい香りです。
ちょっと幸せなバスタイムでした。
AD

ANNANさんのライブ

テーマ:

QUEENのライブに続いて、ANNANさんのライブです。

ずいぶんと贅沢ですよね。


きんどーちゃん、ちゃんと行く予定を入れてましたとも!!



今回も渋谷のテラプレーンでのライブです。

この会場、こじんまりとしていて、居心地は最高にいいです。

でもねえー、すんごく怪しい場所にあるんです。


ラブホテルの地下なんです。

一人で入っていくのも怪しいけど、数人で入っていくのもなんか怪しい....。



まあ、そんなことはどうでもいいんですけど、

今回もちょっと早めにいって、あきさんも一緒にリハーサルからお邪魔してました。


ええと、予告によると、今回は「フォーク特集とか。

期待してました。

ぜったい、「かぐや姫」はやってくれるよねええって(^^)

 

リハ中でも、すでにちょこちょこと私の大好きなフレーズが........

ジョン・デンバーとか風とか.....


ANNANさんのライブはこのリハーサルの時間がいいんです。



すこしづつ、お客さんが入ってらして、KWEENのロジャーきひらさん、ジョンふりはたさんもご到着。

今回は北海道からもお客さんがいらしてました。

今回のライブ、ほとんどの方がQUEEN+PRのライブに行ってるんです。


 

ifg妹さん、だーてらさんもいらっしゃいました。

前回、仕事で来れなかっただーてらさん、今回は、カメラを抱えて、撮影モードです。


 

一部が始まり、「今回はフォーク」といいながら、客席にいるロジャーきひらさんの野次で、順番を狂わされてましたね。



ううん、やっぱりANNANさんの歌はいいなあー。

北海道からのお客様がいらっしゃるので、「北海道ネタ」で盛り上がったり、

かぐや姫、S&G...ありがとぉーって感じです。

もちろんQUEENもありました。



一部が終了して、2部に入ったとき、

カウンター奥から、マスターがキャンドルをともしたケーキを運んできました。

 

「今日はお誕生日を迎えた方がいるそうです」

ANNANさんが言うので

「へー、私と誕生日近い人がいるんだなあ」

って思ってたら



「名前はnonさんです」



えええええええ??!!!

 

「なんで?どうして?」

 

と思ってるうちに、ケーキは私の前に.....

 

♪ハッピーバースデーnonさーん♪

のあと、ANNANさんが歌ってくれたのは

 

「LOVE OF MY LIFE」でした。

 私がQUEEN+PRで、悲しくて涙したあの曲です。

 

「I still love you....おめでとうnonさん」

 もうもう、どうしようー、

うれしいのと、照れくさいのと、感激で胸がいっぱいになっちゃいました。

 

こっそり仕掛けてくれてたんですね。


テラプレーンのマスターさん、ANNANさん、本当にありがとうございました。

wankoさん、照明けしたり、協力してくださって、ありがとうございます。

 

そして、仕掛け人のあきさん、ありがとう。

 

もう、本当にびっくりしちゃいましたよ。

 

だって、このケーキ!!見て見てー!!


ケーキなのだぁ


ローソクはなんでか4本でした。

私、4歳(笑)

 

ifg妹さん、素敵な写真集ありがとう!!

 

ライブは最後QUEENの名曲で大盛り上がり、ifg妹さんはまたまた涙腺が緩むのでした。

横浜、どうでした?

またレポしてね。

 

ANNANさんは12/10にもライブがあるそうです。

 

KWEEN週間のあとで、またまた盛り上がるでしょうねー。

 

 

楽しみです。

 

 

最高に幸せ気分の夜でした。

 


感謝!!
AD

QUEEN+P.R

テーマ:

いってきました。

埼玉スーパーアリーナ!!

051026_1708~001.jpg

私がいた席は、200レベル、27列528番という場所でした。

 

このあたりの人は、みんな「プレリザーブ」でチケットを取った人ばかりだと思うの。

いまさらなんだけど、なんで「プレリザーブ」でここかなああー。

一般発売で購入した人が、アリーナだったりするの。

まあ、全体を見ることができてよかったけど。

 

この高い位置で、「乗る」ことができるかなあって不安でした。

立ち上がることもできない雰囲気だったらどうしようって....。

でもね、照明が落ちたとたんに観客総立ち!

その前に流していた曲で、やや「トランス状態」みたいになっていたもんね。

汗びっしょりになって歌い、クラップし、わめいてました。

 

詳細はほかににお任せして(長くなるし、ネタばれしちゃうし)私の感想を書かせてもらいます。

このライブで一番強く心に残ったこと、

 

フレディが恋しい、

 

ジョンが恋しい。

それは「ないものねだりだってわかってます。

 

ポールは悪くない。

やや、フレディの音域を出すのは辛そうだけど、

自前の曲はうまいし、パワフル。

ブライアンとロジャーも。。。。

 

 

でも、ポールがオリジナリティを出せば出すほど物足りなくなってしまう。

ロジャーとブライアンが前で歌うほど、その横にいた、いとしい存在を思ってしまう。

 

そうなんだ、 

「まね」でもいい、フレディの存在がほしいんだってわかりました。

 

「LOVE OF MY LIFE」

この曲のときに「フレディがいないんだ」って痛感してしまいました。

 

そう思ったら、悲しくて悲しくて涙があふれてきて止まらなくなっちゃいました。

 

「ボヘミアンラプソディ」はそういう意味ではすごく

うれしかったです。

あの趣向はよかった。

 

でも、つくづく、フレディの声って通る声だったんだなあっておもっっちゃいましたよ。

 

 

さて、昨日は私の誕生日でした。

たくさんのコメント、本当にありがとうございます。

ライブ会場に入る前に、こんなプレゼントをもらっちゃいました。

051027_1942~001.jpg


「ホワイトバンド」じゃないですよ


 

「LET ME LIVE」と書いてあります。

QUEENのメンバーもしていました。

とってもうれしかったんです。

 

ライブは全体お的にはとてもよかったです。

構成も、すごく考えてあったし、「お楽しみ」もありました。

行ってよかったって思います。

 

さて、今回のライブではっきりした気持ち。

KWEENが好きです(^^)

彼らのライブを観たい!!!

来月が待ちどうしいです。 

 

ああ、どれほど江藤さんをステージに上げたいって思っていたことでしょう。

 

本気で思ってましたよ。

 

 

そうそう、何人もこのブログ上で知り合った方がいらしていたんでしょうが、

残念ながらお会いできませんでしたね。

 

ライブ中に、

「あ、もうきっとこれでifg妹さんは涙でおぼれてるに違いない」とか、

「あ、fooさん、気絶してるかも」とか、

「miyakaさんはどこー?」

「ANNANさんは?」

なんてちらちら思ってしまいました。

 

大勢の人がそれぞれの思いを抱いてこのライブを観ていたと思います。

 

最高に楽しい夜でしたね。


 

 

AD

誕生日toライブ!!

テーマ:

この夜中に、妙に厳かな気分になって、

目も冴え冴えとしてきちゃいました。

またひとつ年を重ねてしまいました。

 

丁寧に生きていけたらいいですね。

そうありたいと思ってます

 

 

さてさて、お仕事もなんとか目標のところまでこなして、すっきりと明日はお休みです。

埼玉アリーナでみんなに逢えるといいなあー。

KWEENのみなさんもいらっしゃるんですよね。

 

同じ時間を過ごせて嬉しいです。 

きょうはとうとう日本上陸したようです。

 

まだ確認してないんですけどね。

 

ふと、はるか昔のQUEENの来日公演のことを思い出しました。

 

チケットを取るのが大変で、今みたいにネットなんて無かったから、

赤木屋プレイガイドに並んでチケットを購入したんですよね。

いろんなチケットを求める人たちとごちゃ混ぜで、果たしてとれるかどうか心臓バクバクでした。

 

 

ライブ当日、私鉄、国鉄(古い!!)がストを起こして、

私と友人は江古田の友人に泊めてもらったんでした。

 

ストは午前中で終わって電車がうごきだしたものの、ものすごいダイヤの乱れで、

駅がごった返していたのを覚えてます。

 

先輩が「気合」をいれたスパンコール入りの服を着て、黒のブーツで決めていました。

フレディの大ファンで、黒いマニュキュアをしてました。

 

お化粧もばっちりできれいだったなあー。

 

私は、まったくそういう考えがうかばなかったですねぇ。

普通の格好で行っちゃったような気がします。

 

少しはお洒落したけど...

 

けっこうきらびやかな格好をしていた人、いたっけ。

  

今回はどうかしら?

 

ifg妹さん、あの「ブレイク・フリー」の衣装で登場しないかなあー(^^)

 

ホットパンツで、着物を引っ掛けてるのもいいかも....

 

まじめに続けましょう。

 

 

ライブの後、興奮冷めやらずで、武道館の外でQUEENのメンバーが出てこないかと待ってました。

友人がロジャーにプレゼントを渡したいと粘ったんです。

 

いつも帽子をかぶってるロジャーに帽子のプレゼントを用意してたんです。

 

考えたら無謀ですよね。

 

相手はQUEENですよ

 

でも、わたせるって思ってずっと待ってました。

 

そのうちスタッフが出て来たときに

つたない英語と身振り手振りで、

「これをロジャーに渡してください」って頼んだんです。

 

「ろじゃ?OK!OK!」

 

って快く受け取って、楽屋口にかえっていったローディーさん。

感激して嬉し涙でくしゃくしゃになった友の顔。

  

後日、ミュージックライフの写真に、友人がプレゼントした帽子に

そっくりな帽子をかぶってるロジャーの写真があって、大騒ぎしたっけ。

 

 

あの子も今彼らの来日に胸をときめかせているかな?

 

何をしているだろう、幸せにくらしてるかな?

あのライブの翌年、決別してしまったけれど、

きっとQUEENのことは忘れていないはず....。

 

 

 

もう一度会えたらいいなぁ

 

てなことを思い巡らせてました。

いろんなことを考えちゃってます。

 

 

あの来日のときは、フレディの喉は最悪の状態でした。

 

うまくいかないとローディーをしかりつけていたし......

 

でも、ひとつひとつの光景が、いとしいです。

 

 

 

その思いを乗せさせてもらいに埼玉アリーナに行きましょう。


 

 

 

 

カウントダウン

テーマ:

もぉーいぃくぅつねぇるぅとぉぉ~らいぶですぅぅぅぅぅー

 

 

どっかでだれかさんも歌ってましたね(^^)

 

いよいよ今度の水曜日にはライブです。

 

すでにifg妹さんfooさん は熱い熱い思いで彼らの来日に向けて着々と準備を進めてるんですよねー。

 で、私はというと、日々の忙しさに流されて、なあああんもできないまま、今日まで来てしまいました。

今日も、一日PTAの行事で外にいたし....こんなにいいお天気なのに、洗濯沢山したかったのに....自分の顔を日焼けさせただけで終わってしまいました。

 

で、帰り道にぼんやり

「ああ、こういう天気だとライブは何を着ていこう?」

なぁんてことを考えながら、某K駅の改札に向かうと、イベントスペースでDVDやCDを販売していました。

よく売ってる安いDVDなんかね。

 

いつもなら素通りするんですが、なぜか今日は寄っちゃいました。

 

 

ああ、やっぱり!!

 

めぐりあう運命なのね(笑)


これは

「ウエンブリィ」のライブです。

最高にいいライブなんですが、今まで買って手元に置く機会を逃していたんです。

そして。。。。。。



ううん、これ、日本でも発売されてました?

「ベストライブ」って書いてあるんです。

 

韓国盤なんですよね。

 

つい、買ってしまいました。

衝動買いです。

 

だって、安かったんだもん(^^;)

 

心配したけど画像もとても綺麗です。

おまけに全部に英語の字幕が出るんです。

 

歌詞にですよ!

いつも出たっけ??

 

 

めったにDVDで観ないからわかんないんですけど、

なんか、ライブの歌にも字幕があるとうれしい。

 

フレディの「下品」な言葉も字幕出るの(笑)

 

それとね、やたらジョンが目立ってます。

この頃のジョンはステージでも実に良く動くし、自己主張してるんですよね。

もあもあの「Radio Ga Ga」ヘアーもすてき。

 照明も最高にいいです。

 

「もりあがっていこうぜ!」

そう、背中を押されたような気がしました。

 

「Yes!Freddie!!」  

パチンコ玉

テーマ:
朝と夜と池袋の地下道を歩いています。
前にちゃみちゃんが人が斜めに歩いてるって書いていたのを思い出しました。
なるほど斜めに人の流れの中を突っ切って行く人多いんですよね。

なんでみんな斜めに行動するんかなぁって思ってたんですが、自分がいつもでる改札じゃないところから地下道の出口目指してその理由に気がつきました。

池袋の地下道は新宿にくらべたらずっと幅が狭くて、北、中央、南…というように通路が寸断されてるんですね。

その狭い通路に面して山手線、丸の内線、有楽町線、東上線の改札があるので、人の流れがばらばらなんですね。

今日はあるきながら人の動きを見て、パチンコ台の釘をくぐったり、はじかれたりするパチンコ玉みたいだなぁって思ってしまいました。

かくゆう私もパチンコ玉です。

ああ、チューリップに飛び込みたいなぁ
ダニー・エルフマン, サントラ
チャーリーとチョコレート工場 オリジナル・サウンドトラック

すでに子どもから「サウンドトラック」を買ってくれといわれてます。

 

日曜日に子どもを連れて見てきました。

真ん中の娘は「友達と行く」というので、上と下の子と三人で出かけました。

 

実は私は抜け駆けをして観ていたのですが(しーっ内緒!!)、

もう一度観たくて行ってしまいました。

 

残念なことに、字幕版は夕方の6時30分と夜の9時過ぎしかないんですね。

これは子供向けってことでしょうか?

でも、字幕版で観ました。

下の子は10歳ですが、ほとんどの映画は字幕で観てます。

全く感覚だけで観ているときもあるようですが、

ややこしい登場人物の名前とかは子どもの方が覚えていたりして、びっくりすることがあります。

「ハリーポッター」の寮の名前「スリザリン」や「ハッフルパフ」

「マクゴガナル」先生とか.....

「ロード・オブザリング」の「ガンダルフ」とか.......。

耳で聞いたままを素直にうけいれてるときがあって感心することもあるんです。

 

で、今回も本人の要望で字幕で観ました。

  

前回私が観たのは、大きなスクリーンのアイマックスシアターでしたが、

今回はマイカルの小さい劇場でした。

 

きのせいか、画面が少し暗いんです。

アイマックスの画像がそれだけ良かったってことですね。

大きくて迫力ありました。

 

「ナイト・メア・ビフォア・クリスマス」でバートンの世界が大好きな息子はこの映画を心待ちにしてました。予告の「コープス・ブライド」にも大喜び。 

物語の中でときおりナイトメア風の曲がありましたね。

  

それと、途中、「ツゥラトゥストラはかく語りき」がかかった瞬間、

隣で子どもが

「うほほほほほほほっ!!」

と、大うけして足をじたばたしてました。

 

我が家ではおなじみなんです、このシーン。

なにしろ上の子には「HAL9000」にちなんだ名前をつけちゃいましたから(^^)

(おかげでパソコンに強い子になりました)

 

物語はとってもわかりやすいですね。

富と名声を手に入れても満たされない心 ....

「両親」という言葉を発することが出来ないウィリー・ウォンカ、

まずしいけれども家族の愛に満ち溢れた暮らしをおくる少年チャーリー


物語の最後は本当に嬉しい終わり方をして、幸せな気分になります。

 

耳に残る歌!!ウンパルンパ!!これ好きです!

この俳優さん、なにげにいろんな映画に出てたんですね。

そういえば、お父さん役の俳優さんは、「シャイン」でピアニストを演じた人ですよねー。

あの鬼気迫るピアニストぶりは凄かったんですが、今回は本当に息子思いの「おとうさん」

でした。

 

ジョニー・ディップはこれまたいい感じなんです。

ああ、もお、ますます好きになっちゃいました。

この人はなんて澄んだ瞳なんでしょうねー。

毎回役によって違う顔をみせてくれるんです。

「ギルバート・グレイプ」

「スリーピー・ホロウ」

「フェイク」

「ショコラ」

「シザーハンズ」

「パイレーツ・オブ・カリビアン」

「ネバーランド」 

今回は「ネバーランド」コンビで出演していたんですねー。

で、おかしいんですけど、このウィリー、どこかフレディ・マーキュリーに似てるんです。

一瞬見せるするどいまなざしもとってもすてき...。

 

ああ、きっと数少ないDVDコレクションになるだろうなあって気がします。 

 

  

  





朝からかたずけものをしていて、あるファイルを見つけちゃいました。

 

これ!

 

大事な記念品です。

 

1979の伝説のライブ。

 

そのチケットなんです。

  

よくもまあ、物持ちのよくない私が取っておいたなあって感心しちゃいますが、長い長い時を経て、

webで公開する日が来るなんて思っても見ませんでした。

  

この年は2公演いってるんです。

忘れもしないJRのストがあって、やきもきしたのを覚えてます。

 

でねー、未使用のチケットがあるでしょう?

なんであるのか記憶にないんです。

一緒に行くはずだった人がキャンセルになっちゃったような気がします。

だって、私のチケットよりいい席なんですよ。

ずっと待ってたんですね。

誰かに売るなんて考えもしないで......。


でも、なんだかこのチケットが、今回のライブにつながってる気がします。

未来のライブの招待券だったのかなぁーなんて、ちょっとファンタジー。

 


 

でも、このデザイン、いいですよね。

最近はプリンターの味気ないチケットばかりですが、

こうやってライブごとにデザインされてるのって後から見てもいいです。

うふふ、よっぽど盛り上がっていたんだなあー。

椅子に張ってあった座席番号まで持ってきちゃってる。

(もう時効成立ですよね.....ごめんなさい)

なんたって、10代ですもん

 

当時はこんなに何年もたってから逢える日が来るなんて思っても見ませんでした。

私自身こんなに長く彼らを思い続けるなんて意外です。

こういう形で思い出を書き綴るのもね。


 


はあ、来週だぁ