出産から8日目。


朝の9時から母子同室になる。


早速ミルクの時間。


ミルクは新生児室の小窓に時間で用意された。



我が子の哺乳瓶を取りに行くと



『あれ?』



100mlの可愛らしい哺乳瓶が並ぶ中に『柏崎様』と書かれた200mlの哺乳瓶が1本…



口に運ぶと夢中で吸う。



あっという間にミルクを飲み干すと、私の肩にもたれ掛からせて背中をトントン。



『げふっ』


見事なげっぷをする我が息子。



その後はオムツを換えるとウトウトと寝てしまう。



それほど大泣きすることなく過ごしてくれた。



息子はベッドで手足をバタバタさせる。



一週間前までお腹に居たんだなと不思議な気持ちになった。




次の授乳の時間、私の乳首を口に持って行った。



やはりうまく口に含めず、看護師さんに頼んで搾乳したものを哺乳瓶に入れてもらった。



『ほら!ママのおっぱいだよー』



次の瞬間




息子は私のおっぱい入りの哺乳瓶をぶん投げた!



息子は一週間でミルクの美味しさを知り母乳を拒否!!



ショックな私。




『赤ちゃんは母乳好き』の概念を覆された。




ミルクが終わって背中をトントンすると




『ヒック!』




何!?しゃっくり!?




私はビックリしてナース室に駆け込んだ。




『す!すみません!息子が!息子が!しゃっくり出たんですけど!』




焦る私に看護師が



『誰だってしゃっくり出るでしょ?』と。




『あー!』



安心と恥ずかしさでそそくさと部屋に帰った。