【パレスチナ発】「戦争を止めれば豊かになれる」女性救急隊員の夢壊した日本の安保法制 | (。・_・。)コロ助のブログ

(。・_・。)コロ助のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:


   http://tanakaryusaku.jp/2018/05/00018156  より




「また撃たれた」。救出に駆けだす女性隊員たち。=15日、パレスチナ自治区アルビーレ村 撮影:田中龍作=



 イスラエル軍が雨あられのごとく催涙弾を浴びせ、毒ガスであたりは白く煙って視界ゼロとなる。「パン、パン」…乾いた音と共に実弾も放たれる。


 バタバタと倒れる同胞たち。サイレンを鳴らして走り回る救急車。パレスチナは世界一、救急隊が忙しい地域だ。


 現場で見る限り救急隊の半分は女性である。スカーフを被っていたり、被っていなかったりする。


 イスラエル軍が丘の上まで下がり、前線が緩んだ時だった。若い女性隊員が田中に話しかけてきた。年の頃はまだ二十歳に手が届いていないのではないだろうか。


 「どこから来たのですか?」
 「日本です」。
会話の始まりはお定まりのパターンだった。


この日も女性救急隊員たちはオリーブの木陰から心配そうに戦況を見つめていた。=15日、パレスチナ自治区アルビーレ村 撮影:田中龍作=



 ところが彼女は「日本」と聞くと、アーモンドのような目をさらに大きくさせた。キラキラと輝いているのが手に取るように分かる。


 「日本は世界の中でも別の国。第2次世界大戦の後、戦争を止めて経済繁栄を遂げた。日本はピースフルカントリー。一度日本に行きたい。それが私の夢です」。彼女はそこまで一気に話すと「私たちの国と全く違う」と言って目線を落とした。


 田中は逡巡した。本当のことを話せば彼女の夢を壊す。しかし、もし彼女がお金を貯めて日本に来て、現実を知ったら、どうなるだろう? 立ち直れないほど落胆するだろう。


 思い切って実情を明かすことにした。「それが違うんだ。プライムミニスターが愚かで、平和な国から戦争ができる国に変えてしまったんだ」「きのう飛んだドローンはイスラエルと日本が共同開発してるんだ」。


 彼女は見る見る顔を曇らせた。唇に人差し指をあてたまま押し黙ってしまった。


 世界には豊かで平和な国がある。そうなれば血を流さずにすむ・・・戦争の最前線にいる彼女はそう信じて生きてきたに違いない。なのに日本の愚かなジャーナリストは、彼女の希望をぶち壊したのである。


 この時ほど安保法制を憎んだことはなかった。日本が米大使館移転に追随しなかったことだけが、かすかな希望として残った。



   〜終わり~



#イスラエル 
#ナチス  
#Israel 
#Nazis 
#Genocide 


(。・_・。)コロ助さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス