モンテッソーリ 対称地形と味噌作り | 元七田講師の幸せがふえる おうちモンテッソーリ

元七田講師の幸せがふえる おうちモンテッソーリ

元七田講師の幸せがふえるおうちでモンテッソーリ

三人のリアルママのおうちでモンテッソーリと
幼児教育の実践記録

赤ちゃんから小学生までのモンテッソーリ教育をベースに
幼児教育の考えも盛り込んだ幸せがふえるオリジナル講座開催中

冬休みのプライベートレッスンより

(現在5月までプライベートレッスンは

満席です)



一年生になり学校のこと

お友達のことなど

色々新しい環境で抽象の世界が

広がっているのがよくわかりました




冬休みに九州へ帰省するのと

話してくれたSちゃん


モンテッソーリ教育の文化教育の中から

対称地形のお仕事を…


地球は陸と海でできていることを

地球儀で確認




島・湖

半島・湾など合わせていきました




海で出来ている地形が「対称」

であるということを

感覚でしっかりと味わうおしごと


「地峡」など大人でも知らないような 

言葉や概念を感覚を通じて

身に着けていくこの時間は

モンテッソーリ教育の醍醐味




九州には

半島や湾、岬、島などが

たくさんあります


長崎県が海岸線が

北海道に次いでながいこと

島も多い事などを

確認しました

それはまるで宝探し


日々の生活とSちゃんが

自分で気づいたことに寄り添って

面白がれることは

モンテッソーリ教育に限らず

その後の学びにとても大切です


小学校以降の学びでは

いわゆるペーパーワークが

中心になりますが

それを単体で楽しむのは

なかなか難しいこと


そんなときに

子どもが生活の中で得た気づきは

勉強が自分にも接点と

なるものという意識が芽生え

学びへの興味が湧きやすくなります


お母様より

メッセージを頂きました


ーーーーーーーーーーーーーーーー

レッスンの様子をお聞きして
抽象の世界への扉が
開いている事が良く分かりました


今まで種まきしてきた事が

繋がってきているんですね。
何だかほっとしました


一方で、家庭学習はまだまだ

私のスキルが足りず

気が向かないものをどうにか

やってもらおうと力みがちなのですが、
そこも、テンポの早い娘へはテンポ良く

切り替えながら応じていく

というアドバイスを頂き

早速取り入れていこうと思います。

リアルな中学受験の

お話もありがとうございました。
公立中と私立中の違い

本当に大きいですね


ある一定層のお子様が

中受する意味が

やっと分かった気がします


まだ中受は迷っていますが 

今取り組んでいる

家庭学習の意義や目的が

より明確になりました。

文化教育も今がタイミングが

良さそうというお話も

凄く参考になりました。

レッスンは午後からだったので
当日の朝に娘と二人で

やろうと思っていた「味噌作り」

私が朝食に納豆を出してしまい

その日は作れなくなり、、


せっかく大豆を煮て

準備してしていたのに〜と

我ながらショックでしたが、
主人にも優子さんにも
「納豆菌は麹菌より強くて

うまく菌が働かなくなってしまうから 

味噌作りができなくなった」と、
自分の言葉で説明していました。
その様子を思い返すと

確かに繋がってきているなぁと

改めて感じています。

肝心の味噌作りは

翌日の在宅ワーク昼休みに

無事に二人で仕込み完了しました!

文化教育というと

難しく構えてしまいそうですが、
今回の味噌作りは

「微生物」「発酵」を取り入れた

「日本の食文化」を学ぶという

これも立派な文化教育だったじゃん!と、
失敗はあったものの

心持ち直した母でした笑



とびきりの笑顔の

素敵なお写真に

こちらも嬉しくなりました