今日でジンバブエ最終日。

昼過ぎの飛行機でヨハネスブルグへと移動し、
明日からはマダガスカルに行くことに。

昨日の夜は、もうクタクタで、夜の10時過ぎには就寝。
その後、夜中に一度も目が覚めず、気がついたら朝の6時。
妻もちょうど起きていて、朝からトイレの争奪戦をする^_^

部屋のテラスから、草木越しに朝日が見えた。
朝飯を食べに、ホテルのレストランに向かう路に、象のウンコを発見。
ここまで、象が来てるのかー!と興奮。

が、近づいてよくよくみたら、石だった(苦笑

昨日までこんなのはなかったので、インパラやアンテロープが草を食べて芝生がなくなったところを、ホテルの人がメンテナンスしたのだろう。

美味しい朝ごはん。ツアーの出発がいつも早く、せわしなかったので、今日は、ゆっくり出来てとても良かった。
この、具全部入りオムレツは最高だった。

荷物をまとめてチェックアウト。
最後にもう一度、テラスからの景色をみにいく。

ちょうどアンテロープの群れが、ホテルの前にある池に水を飲みに来ていた。
ここは、本当に素晴らしい場所だった。

最後にガイドさんと記念撮影して、
彼に空港まで送ってもらう。

空港へ。ひたすらまっすぐな道。
ガイドの彼は、この3月末に22年務めたホテルを辞めて、4月1日からツアー会社に転職したところで、近く独立したいのだとか。

そうすることで、新しいガイドの仕事も楽しみながら、家族との時間をもっと増やしたいとのこと。

ジンバブエの経済は、まだまだあんまり良くないみたいだけど、良くなってきてるの?と質問したら、

まだダメ。こういう時は、焦らずにタイミングを待つしかないよ。ウサギみたいに飛び回っても仕方ないし、亀みたいに着実にいくよー

との返答。

おー、日本にも、ウサギと亀の昔話があるよー

と言ったらば、ジンバブエにもあるよー!と盛り上がり、彼が子供の頃に、村のおばあちゃんに教えてもらったという昔話を聞かせてくれた。

ジンバブエのウサギと亀の話も、ウサギが先行して、油断して休んでいる間に、亀がゴールして勝つという展開なのだけど、日本の様に亀一匹でコツコツ歩いて勝つのではなくて、沢山の亀達でリレーをして勝つ、という話だった。

村のみんなで夜ご飯を食べたあと、焚き火を囲みながら、村のおばあちゃんが、この昔話を語ってくれて、家族や村の仲間と協力する事が大事なんだよと、教わったのだとか^_^

そんな話をしていたら、あっという間に空港に。
彼と彼の家族の健康と幸せを祈って、お別れをした。

空港のチェックインカウンターに到着。
ふと振り返ると、妻が号泣しそうになっているではないか…。

ケープタウンに続いて、よほど離れるのが寂しい様子。

南アフリカ航空の係員のおじさんにも、
どーしたのー?あともう一日いてもいいんだよー
と慰められていた…。
もー、子供か!

こうしてジンバブエと、さよならをした。

ヨハネスブルグへは、1時間半ほどのフライト。

ヨハネスブルグに無事に到着。
空港敷地内のホテルに一泊。快適。
ヨハネスブルグは、あまり治安が良くないと聞いているので外出はせず、ホテルの中で晩飯を済ませる。

明日はまた早朝に起きて、マダガスカルはノシベ島へ。

明日も良い一日になりますように^_^