2018 天皇杯3回戦 長崎戦 | 湘南ベルマーレの在る街

湘南ベルマーレの在る街

我が街・湘南 この地に湘南ベルマーレが在る

監督・選手が変わっても変わらないサポやファンがいる

それ以上に変わらず湘南ベルマーレの歴史は続いていく

それが湘南の地である事を願って


テーマ:

豪雨で災害にあった方達への黙祷から始まった天皇杯3回戦。

相手は今季早くも4度目の対戦となるV・ファーレン長崎さん。

蒸し暑い平日の夜、今年初めて蝉の声を聴きながらスタジアムへと向かう足取りは重い。

それでも楽しみにしていた久々のサッカー生観戦です。

 

 

遠路はるばる、ようこそ長崎サポーターの皆様方!

楽しめて頂けましたか?ご来場ありがとうございました。

 

 

試合結果は湘南1-(4PK3)-1長崎で勝利、しっかし、長かったなぁ~

少ないが格別な勝利のダンス。

 

微妙な先発メンバーは純和風、これがベストな顔ぶれなんでしょう、多分。。。

実戦から遠ざかり過ぎたのか、暑さのせいなのか?

ところどころでミスが目立つ、そんな立ち上がりだったでしょうかね。

 

バックパス、横パス、そして狙いすました縦パスはことごとく繋がらず。。。

得点の匂いもしない、失点の気配も感じない。

お互いにビッグなチャンスもピンチも無く、淡々と90分間が経って延長戦へ。

延長早々に、子供らしいミスから失点。。。

いつ以来だろうか?島村選手がFWで登場。

今の湘南はてっぺんに槍がやっぱり必要なんでしょうか?

 

セットプレーで秋元選手が攻撃参加、リスクを冒しただけチャンスが生まれる。

バーにも嫌われて、これで万事休すかと思われた延長後半ロスタイム。

が、鳴り物も無くなり異様な空気の中で、漫画の様な湘南劇場が始まる!

待望のゴールを混戦から表原選手が突き刺して土壇場で追いつくって渋いね。

 

そしてPK戦へともつれ込むって、J参戦前の松本山雅以来かな?

あの時は負けちゃったなぁ~と、と、と、先に失敗しちゃったよ湘南。。。

しかぁ~し、秋元選手が止める!で、ABBA方式が味方したのかな?

2人連続で決めなけりゃ湘南に王手がかかる状況で長崎さんが1人失敗。

ラッキ~!

10人目の表原選手が決めて試合に終止符をうっちゃたね。

これでベスト16進出で、また楽しめる試合が増えた。

次の相手は、同じくPK戦で勝ち抜けした川崎さん。

 

ん?川崎さんと言えば、天皇杯と言えば、4回戦と言えば、等々力言えばぁ~

反町監督退任が決まった2011年の敵地勝利!さて再現となるか?

 

湘南の嵐さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス