FWのブログ -2314ページ目

泳ぎと納豆の効用

フイットネスクラブで泳いできましたぁ~爽快・爽快!(^^)!


実は以前は某スイミングスクールで水泳を教わっていましたが、

腫瘍が指に腫瘍ができ、手術をしたため泳ぎが完治するまで、

泳げなくなり、しばし休んでいるうちに色々多忙となり、結局一旦

やめてしまいました。


僕が泳いでいるのは、健康のためという理由もありますが、一番の

理由は、勉強にプラスとなることです。どうも脳内にアルファ波や爽快感

を出してくれるらしいのです。これは、僕が調べたわけでなく、僕が

司法試験の講座をとっていたとき、そのときの講師の弁護士の先生が

おっしゃってたか著書で書いておられたことです。


ジョギングもいいと。


それと健康ランドの銭湯もいいようで、銭湯は自家風呂より2倍のアルファ波が出る(北大調査による)とも


それで銭湯にもたまに行くことにしてます。ただここは混雑してます

ねぇ。ご老人やおっさんがたくさんいます。かえって人疲れすることも

多いかもです。


食べ物も、

大豆や小魚、野菜類には集中力を高める効果があるようで、

特に納豆は、いいようです。(前述の先生のアドバイス)


僕は、1年近く納豆ごはんを朝、夕、食べまくっていました。僕はもともと

納豆が苦手なので、挽き割り納豆にして、夜納豆1パックをさらに

追加して食べてたときもあります。ところが食べ過ぎがたたって

納豆を見たくなくなり、その年も試験には落ちました。


でもその時期集中力は高まったとは、感じました。納豆は、

食べ始めると癖になり、苦手意識は吹き飛びましたが、

なにごとも過ぎたるは、及ばざるがごとしで適量にとどめる

ことが肝要ですね。


ただ、体調はこの時期すこぶる良くなって、水泳の効果か納豆の

おかげかわからないのですが、3か月余りで15、6キロ痩せて学生

時代の体重に近づきました。


水泳は、運動ですからダイエット効果は、あるでしょうねぇ。

そして納豆もいかにも、カロリーが低くて、栄養価の高い食べ物

ですから、ダイエット効果ありそうです。


総合すると因果関係の強弱は別として、両者の相乗効果と考える

のが妥当のようです。


僕は、今は納豆を食べなくなりましたが、経験上水泳と納豆を

頭と体の両面から、適度に(水泳は週2、3回)、(納豆は1日

1食)やったり、食べたりすることをお勧めします。



ByFW