今年も炭焼き ダイジェスト版 | 田園暮らしな人々
2018-08-09 16:33:42

今年も炭焼き ダイジェスト版

テーマ:ブログ

 

 

 

ブログ更新のないまま

はや 40日が過ぎました

元気には過ごしておりますが

 

あまりにも忙しい日々

 あまりにも色んなことがありすぎの日々

 

そして

高齢のお年頃で

ブログの更新は邪魔くさい

 

など 重なり

今日に至るです

 

 

 

 

 

 

 

 

読者は3名ほどになりましたが

簡単日記は今後も続けます

 

 

 

 

 

 

本日は恒例の

シラカンバの炭焼き報告です

 

 

 

 

 

 

まずは穴掘り

伏せ焼については

毎年のブログを参照です

 

 

 

 

 

 

 

下には鉄板が敷いてある

 

 

 

 

 

 

空気口を作り

その上に炭材を重ねます

 

 

 

 

 

 

炭材や燃材をある程度積み重ねた後

ブリキ板で全体を覆い隠します

 

 

 

 

 

 

炭を作るわけですから

燃えきってしまってはいけません

 

いわゆる

蒸し焼き状態にするので

窯内は密閉にします

 

 

 

 

 

 

土をかぶせて終了です

土は多めに乗せるのが良いようです

 

 

 

 

 

 

毎年

同じ手順で

同じ作業の繰り返しですが

 

今年は炭材の量が

昨年の倍はあり

 

大丈夫なのでしょうか

 

 

 

 

ここで

1日目が暮れました

 

 

 

 

 

 

翌週に集合し

煙突を立てます

 

煙突は垂直に長い方が

窯内の燃焼は盛んになります

 

煙突は途中で

曲げないで垂直に直しています

 

 

 

 

 

いよいよ

火入れです

 

 

 

 

 

 

自然に空気が窯内に吸い込まれるまで

ひたすら ひたすら ひたすら

団扇で扇ぎ続けます

 

 

 

 

 

 

 

点火後は

煙の色や勢いで

炭の焼け具合を判断します

 

 

 

 

 

 

 

 

すなわち

始めは水蒸気を含んでおり白い煙です

 

そのうち

炭材に火は移り煙は紫です

 

煙は勢いを増し

やがて  ポッ ポッ ポッ  と

断続的になり

 

そして

透明になります

窯を閉める合図です

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしだれも

講釈を聞いていません

 

明朝まであんぐり口を開けて

煙を見て過ごすのはまっぴらです

 

昨年も大活躍の

災害時にも超役立つロケットストーブで

 

 

 

 

 

 

石焼いもなど作り

 

 

 

 

 

さらに

昼食を召し上がり

 

 

 

 

 

 

夜の宴会へと突入です

毎年の楽しい時間ではありますが

 

炭焼きの事は

皆さん忘れています

 

そう 毎年

 

 

 

 

 

 

 

 

煙の色など

構わず

 

 

 

 

 

 

 

だいたいで

焚口を狭めてしまいます

 

 

 

 

 

 

 

 

土が割れて

煙が噴き出しています

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし

構わず

宴会は続きます

 

 

 

 

 

 

 

 

よく覚えてないまま

翌週となり

 

さて 出来栄えはと

わくわくと 穴掘りです

 

 

 

 

 

 

トタンが見えてきました

 

 

 

 

 

 

トタンをめくると

なんと なんと  なんと

 

 

 

 

 

 

 

おお  おお  おおお

立派な炭が出来上がっています

 

 

 

 

 

 

 

ではなくて

 

約3分の2は

生焼け状態です

 

炭にはなっていません

表面が焦げた程度の材も多くあります

 

 

 

 

 

 

3年連続の失敗です

 

来年こそはと心に誓い

今日はゆっくり寝ることにします

 

 

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

自給自足事業部員見習いさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス