地下都市を建設すべし

テーマ:
北朝鮮のミサイル攻撃に備え 住民避難の基本指針改訂へ
(12月16日配信 NHKニュースWEB)

>地下街や地下鉄の駅などを住民の避難先として指定する

う~ん、果たして数十万の市民をそこへ、もれなく収容することができるでしょうかね?

はっきり言いましょう。「何あほなこと言うてんねん!。そんなんで間に合うわけないやろ!?f(ーmー;)」と、政府には申し上げたいですね。

母から、戦時中、本土決戦にそなえ、学校で竹槍を使う訓練をさせられたと聞いたことがありますが、それを思い出すような話でした。母が16歳の時に、日本は終戦を迎えました。

まあ、政府も(意味のないことだと)よくわかった上で言っているのでしょうけどね。何かは言わなければならないから言っているだけ、「一生懸命考えて手を打ってますよ~」というのを国民にアピールしたいだけのことだと思います。

「宇宙戦艦ヤマト」に出てくるような地下都市を政府は作るべきですね。あのアニメでは、地表がガミラス星の核攻撃を受け放射能で汚染されたため、人類はそこへ避難したという設定になっていたと思います。

まさに、北朝鮮によるミサイル攻撃を受けた日には日本がそうなる可能性があるわけですから。まあ、その場合には、アメリカが、報復の核攻撃をやってくれるとは思いますけどね。おもいきりw

あ、非現実的な話をして恐縮です(^_^;)。そうですね。他に現実的な方法もあるとは思いますが、それはここでは述べません。まあ、それも政府の頭の中に(選択肢として)あるはずですが...

それではまた。

AD