75回目の終戦記念日だ。 いよいよ安倍政権の支持率も危険水域に突入。幼児性低能無能バカ日本代表のレームダックも本格化、ポスト安倍のガラクタ、ポンコツ勢が各メディアで言いたい放題。石破、岸田、稲田、河野太郎。。。まぁ、野合驚倒(もはや共倒すら生温い)のウルトラ級ガラクタよりは多少マシな程度で、この顔ぶれの中から誰が総理総裁の座を射止めたとしても、組閣での人事はこれまた出涸らしの中から、干からびた燻製のような人間が閣僚の座につく。野党も野党で、玉木に付いて玉木新党に合流などと考えている連中は、軒並み議員バッジを失うことになる。玉木もかつての、いや、今の小沢一郎と同じ立場になっても議員バッジを維持できればまだマシで、ただの人以下に堕ちる確率が高い。高いというより、間違いなくそうなる。

---------------------------

今後、報道記事のツイートやリンクは掲載しないので、気になる方は既にご自身がしている通り、新聞、ラジオ、ネット、テレビなどでご覧になるか、私の政治関連Twitterアカウントにアクセスされたし。

(Phoenix(@tim8121) 

↑ タップ or クリック

---------------------------

 

AM 11:05 2020年08月15日

1,782日連続投稿

 


選挙・選挙制度ランキング    

 

にほんブログ村 政治ブログ 選挙・選挙制度へ
にほんブログ村

 

17's democracy BLOG - にほんブログ村

 

今後、枝野新党、玉木新党ともに、今より更に支持率の低い、というよりほとんど支持されていない政党(党名)が、更にだれも知らず、今より更に支持率も認知度も低い=実質マイナス支持率&認知度の党で選挙選を闘うことになる。

 

 

この際なので、党名は「透明」ということでどうか。誰も知らない、見えないのだから「透明」でよかろう。間違っても、情報公開、身辺のことではない。そんな政治家はこの世に存在しない。

 

玉木や山尾などは、自民党にでも拾ってもらえなければ、ただの素浪人になり果てる。更に共産党が党勢拡大を狙って、候補者を立てるようなことにあれば、結果は言わずもがな。国会議員バッジご臨終までカウントダウンだ。

 

山本太郎とれいわ新選組も、N国並みの認知度に堕ちるだろう。私の周辺でも、既に「れいわ熱」は完全に冷めている。山本太郎への不信感も玉木雄一郎並。このままズルズルと支持離れが進むと、太郎自身の議員返り咲きも覚束ない。

 

かくして政権交代など夢のまた夢どころか、果てしない寝言、お花畑以下の妄想と相成る。お目出たいのは国民有権者。どの政党、どの候補者に投票しようがしまいが一人負け。

 

今日の東京も36℃超えだそうな。

皆さん、お大事。

 

---------------------------

---------------------------

---------------------------

---------------------------

---------------------------

---------------------------

---------------------------

---------------------------

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

 


選挙・選挙制度ランキング    

 
にほんブログ村 政治ブログ 選挙・選挙制度へ
にほんブログ村

 

17's democracy BLOG - にほんブログ村

 

※めるまが登録/解除  

http://www.mag2.com/m/0001669113.html