前回↑の続きです。

衝撃のハイタッチ会(詳しくは後述)が終わった後は、『高野悠の楽屋訪問』コーナーに!
条件を満たした会員の4名様が高野さんの楽屋に訪問して質問できるという内容でした。

ここでみや様が、背中に「悠」と銀色で刺繍された部屋着(バスローブ)にお着替えして登場。

そこでみや様が一言。

「これ、舞台で着てるやつよりいいやつだ……(ボソッ)」

……みやちゃんwww

ちなみに舞台で着てるバスローブは、ホテルのときのフワフワなやつと、那由多くん(月城かなと)をビンタするときの薄いやつの2着あるそうです。

まず1人目の訪問。

美弥「君はよく僕のバレエを観にきてくれてるの?」
客1「はい!毎公演欠かさず観てます!!」
美弥「そうなんだ~ありがとう~♥」

……という感じで、みや様が高野さんになりきったミニコントを挟みながら質問に答えていました。

1人目の方の質問は「ギックリ腰は治りましたか?」

美弥「ギックリ腰ね……w あれ、ギックリ腰なったあと、すぐに銀橋で歌わないといけなくって、銀橋降りたらすぐ踊ってるでしょ?だから、銀橋で歌ってる間に自分で腰をはめたんだと思いますよw アスリートだからw 銀橋マジックですね!」

客1「じゃあもう治ったんですね……治ってなかったらと思って、湿布を持ってきたんですけど……(畳んだミニタオルを差し出す)」

美弥「え……湿布って……
これはタオル…ですよね?(素)
……ああ!(ネタだと気づいた)(←遅い)
ありがとうございますwでももう治ってるので大丈夫です、ありがとうw」

そして最後に、
美弥「次の公演はドンキホーテやるので、観にきてきださいね✨(嘘)」
と宣伝してお見送りしてましたw

そして楽屋訪問のプレゼントはチョコレートケーキ!
美弥「世界一美味しいチョコレートケーキですよ♥
袋に宝塚ホテルって書いてますけど(←)
中身はウィーンのが入ってますから!(嘘)

2人目のお客様は、「バレエ観たのは初めてなんですけど高野さんの大ファンになりました!」という設定で、
質問は「バレエ初心者にオススメの舞台はありますか?」

美弥「オススメか~。私今回の舞台の勉強をするためにね……あ!(高野さんという設定だったことを思い出す)
僕はバレエダンサーだから毎公演勉強してるんですけど!!(←遅い)
マシュー・ボーンさんという振付け師さんの新解釈の白鳥の湖をDVDで見たんですけど、見終わったあともう素晴らしすぎて放心状態になりました。男性同士で白鳥を演じてるんですけど、ほんと圧巻だったのでオススメですよ。ぜひ見てください」

そして最後はやっぱり、
美弥「あと次回公演のドンキホーテも観にきてください♥新国立劇場でやってるのでw」
と偽宣伝w 何気に設定増えてるのがツボでした。

3人目のお客さんは男性で、このコーナーの定連さんだったみたいです。
なのでミニコントがすごかった!w

美弥「あ、プロデューサー!わざわざ来てくださってありがとうございます!」
ということでなぜか3人目のお客さんはプロデューサー設定に。

今までのお客さんには「まあ入ってくださいよ♥」みたいな感じでけっこう俺様キャラだったのに、
プロデューサー設定の3人目の方には「狭いところですがどうぞ……」なんて言ったり、とにかく低姿勢でしたw

お客さんのほうもノリノリで、「いやぁ、今回も良かったですよ!」って言ったり、客席を指しながら「3万8千人(うろ覚え)のお客さんも見てますよ~」って言ったり、うまく伝わんないと思うけどめちゃくちゃ面白かったです。

客3「次の公演は……なんでしたっけ?」

美弥「ドンキホーテですよ!プロデューサーなのに忘れないでください!」

客3「いや、次回は私じゃないので」

美弥「あ……(察し) 複雑な事情が……」

客3「でもその次は僕ですよ。ちゃんと那由多くんも呼んでいますから」

美弥「あ、またですかw 今回平手うちしたところなのにw

客3「次もぜひ(平手うち)お願いしますw」

美弥「まあ今回みたいなことがあればw」

そしてプレゼントを渡すくだりに。

美弥「これ……つまらないものですが、ウィーンのチョコレートケーキです(嘘)」

客3「チョコレートケーキ……僕の友達が、ザッハトルテって言ったほうがいいんじゃないかって言ってましたよw」

美弥「うん、そうですよねw 私も実はちょっと思ってたんですけど、でもいいの!チョコレートケーキ!!わかりやすいでしょ?子供でもわかるもん!
だからチョコレートケーキです!!

(チョコレートケーキをフォローするみやちゃんがかわいかった……)

【お詫び】
この3人目のお客さんが濃すぎて、4人目の方の内容を全部忘れてしまいました(←)

コーナーが終わり再びトークに。

司会「本日(3/3)はひな祭りですが、なにか思い出などありますか?」

美弥「家にひな人形の大きい段飾り……であってる?……があって、それを飾るのが好きでした!三人官女……であってる?……ごめんなさい、うろ覚えでw 三人官女の持ち物はこれで、とか、パズルみたいで楽しかったです。あと……これは本当はしちゃいけないことだと思うんですけどwww
五人囃子の人を無理やり牛車に乗せて走らせたりしてましたwww

途中まで可愛らしい思い出話だったのに
急にアクロバティクになるみや様。
さすがです。

司会「ショーで煙草をくわえながら踊られてますが、難しいですか?」

美弥「あの煙草、電子煙草なので、ツルツルしてて固いんです。だから落ちないように、けっこう歯でグッてしてますw
あと、煙を出すのが難しいですね。もうほんと、全然煙がでなくって!どうにか煙出そうと、毎日いっぱい吸い込んでやってるのに、やっぱり出ないんですよ。
それで、電子煙草には煙草っぽくするための粉みたいなのが入ってるんですけど、それが足りてないみたいです……って小道具さんに言いに行ったんです。そしたら「肺まで吸い込んじゃってるんじゃない?」って言われちゃって。私、煙は口でためて吐かないとダメって知らなかったんですw 
言われた通りにしたらちゃんと煙が出たので、そのあと小道具さんに謝りに行きましたw」

でもやっぱり煙を出すのが苦手みたいで、
このあとの観劇で注目して観てみたら
スイートハートはバッディの半分くらいしか煙出てませんでしたw
みやちゃん頑張れw

司会「ショーにちなみまして、最近バッディなことはしましたか?」

美弥「そんなことしませんよ~!!
私天使ですから~~✨✨✨

司会「……いたずらとか」

美弥「いたずらねぇ……。そんな時間ないなぁー。すごい早替りが多いんですよー。あなたは何かした?バッディなこと」

と、急に近くのお客さんに話しかけるみや様www

美弥「あなた、高校生?あ!隣にいるのお母さんなの?じゃあバッディなこと言えないねぇw」

司会「(お客さんと盛り上がってるみやちゃんをスルーして)えーでは、次の質問……」

美弥「ちょっと!今お客さんにお話きいてるの!!」

司会「みなさん、お客さんじゃなくて美弥さんのお話を聞きたいと思うので……」

美弥「なによ、あなた!!ガンガンつっこんでくるわね!!私のこと嫌いでしょ!!
(急にスイートハートモードを発動させるみや様)
いいわよ!!次の質問いきなさいよ!!w」

司会「ショーではビックシアターバンクのところで映像が使われていて、強盗のあと立ち去る様子がカッコよく映されていますが、撮影時のエピソードなどありますか?」

美弥「エピソード……何かあったかしら……
(まだスイートハートモードを引きずって女言葉なみや様)
別に、普通に化粧して、お衣装きて、合成用のグリーンを背景に、メンバーで集まって撮っただけだしな……。
(急に冷静になるみや様)
あ!でもあれ撮るとき、私たちは動かないで、カメラが近づいたり遠くへ引いたりしてあの躍動感を出してるんですよ。
あとはね~、WANTEDの映像(ビックシアターバンクで壁にかかってるやつ)を撮るのがすっごい大変だった。あれ、なんかクルクル回る台に乗せられて、
「1週回るごとに一発芸してください」
って言われて撮ったんです!一発芸って言うと芸人っぽいですけど、決めポーズみたいな感じでw サングラス付けたりはずしたりして撮ったんですけど、それを10週くらい回されて!!もうすっかり心折れちゃいました!!
ちゃんと見てくれてます??
(お客さん「見てます!」)
よかった!あれ、回ってるの?
(お客さん「回って映ってます」)
そうなんだ~!私あれ見れないので!!ちゃぴ(愛希れいか)のときのはギリギリ見れるんですどね~」

司会「次はディナーショーの質問です。ディナーショーで『ノートルダムの鐘』の曲を歌われたのはなぜですか?」

美弥「もともと『ノートルダムの鐘』の曲をよく聴いていたんです。井上芳雄さんが歌われてるやつなんですけど。こういうときでないと歌えない!と思ったので……。
だって、『ノートルダムの鐘』を宝塚では……ねぇw 絶対やらないでしょうからw
同じ理由で、「影を逃れて」も歌わせていただきました」

司会「ディナーショーの後に長いお休みがあったと思うのですが、何をされましたか?」

美弥「他の月組公演を観に行きました。あのとき月組がいっぱい分かれてたので大変でしたねw あと他のミュージカルを観に行ったり……。
今回のお休みがけっこう長かったので、これはさぞ家が綺麗になるだろうと思ってたんですけどね!「今日はいいか…明日やろう!明日…また明日…って、もう明日集合日!?」みたいな感じで、また断捨離できませんでしたw」

夏休みの宿題をする小学生みたいなお話で、スーパースターなみや様なのにめちゃくちゃ可愛らしいなと思いました。

ここでトークは終了。
(他にも何かトークしてたかもだけど覚えてない……)(←記憶力の限界)

そしてファンクラブからのプレゼントなどのやり取りがあり、最後のご挨拶に。

「今回の公演でとし(宇月颯)やわかば(早乙女わかば)たちが退団して、今まで一緒に舞台をつくってきた大切な仲間がいなくなってしまうのはすごく寂しいですけど、今回の一瞬一瞬を大事にしたいと思います……ちょっと湿っぽくなっちゃいましたね(笑)
私は今までの宝塚人生、決して恵まれたものではなかったので、と言うと語弊があるかもしれませんが、有り難いことに、様々な奇跡が積み重なって今の私があるんだと思います。
でもそれは、ひな祭りだというのに私と一緒に時を過ごしてくださる(笑)皆さんがいてくださるからで、そんな奇跡が起こった時はいつも皆さんの顔が一番に思い浮かぶんです。
今の時点で色んな発表がされていて、色々気になっている方も多いかもしれませんし、私自身も考えなければいけないことは多いのですが、今は高野さんとスイートハートという役に向き合うことが一番みなさんへの恩返しになるかなと思っています。
これからも美弥るりかにしか出来ないと言われるような舞台をつくれるように励んでまいりますので、応援よろしくお願いします」

細かいニュアンスは違うかもしれませんが、大意はこんな感じ。

なんだか、みや様の人柄がすごくにじみ出ている、素敵なご挨拶だなぁと思って、これを聞いたときは少しうるっときてしまいました。

そしてご退場。
客席をグルグル回りながら、最後まで手を振って退出されていきました。


……というわけで、これまで長々レポってきましたが、これにて美弥茶レポ終了です!!
(ここまで読んでくださった方はいったい何人いるのか……笑)

最後の最後に、個人的に一番衝撃だったハイタッチ会について感想だけ少し書いて終わりにしたいと思います。

ハイタッチ会、と銘うってはいますが、みや様は大変ファンサービスのいい方なので、

みや様のハイタッチ
目線の高さで手をぎゅって握ってもらいながらみや様に微笑まれること

を意味しています。

ということはどういうことかと言うと、

まあ端的に言って死ぬ。

ってことです(※経験者)

まず私は幸運なことに列の端に近い席だったので、近づいてくるみや様を至近距離で見ることができたんですよね。

それで、「顔小さいな~」とか「身体細いな~」とか、あと「一人一人の身長に合わせて屈んだりするみや様の優しさヤバい」とか色々思って、まあ一通り心の準備ができたわけです。

そしていよいよ私がハイタッチする番になったわけですが、その瞬間、

みや様のあの大きなおめめがキュルンッとこちらを見つめてきた。

目があった。

みや様と、目が、あった……。


っ……!?


(解説:みや様の瞳がこちらの目を見てきた瞬間、ほんと訳がわからないくらい目の前が真っ白になって、脳内スパークしました。)


いや、ほんと、なにあの大きな瞳は。もう凶器だよ、凶器。
あんなので見つめられたら秒で恋に堕ちるって。歩く媚薬か。惚れ薬か。
目があった瞬間惚れるとか、そんなんでよく日常生活普通に送れてたよね。ヤバすぎ。
もしみや様がコンビニで買い物とかしてて、私がアルバイトでレジしてたら、速効で惚れてストーカーになってた自信ある。一生みや様追っかけて生きていってたわ多分。よかった、コンビニの店員じゃなくて。人生狂わされるとこだった。


……みたいなことをハイタッチし終わった後5秒くらいで考えました。
はーしんどい。思い出すだけで心がしんどい。


というわけで、この威力は多分実際に経験しないとわからないと思うので、ちょっとでもみや様が気になっている方は、ぜひ美弥茶に参加して、あの瞳に殺されてきてください。(言い方)

ちなみに美弥茶はお茶会のDVDも発売されているので、このカンパニー/BADDYのお茶会のDVDも買えるみたいですよ(コソッ)

一緒にみや様沼に入りましょ~(布教)


ブログを書く励みになるので
↓ポチっとお願いします!↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村