抗がん剤治療を受ける前に、免疫チェックポイント阻害薬(オプジーボ)が使えるかどうかを調べる為に、ミスマッチ修復蛋白質の免疫染色検査?をしていました。

{CAA476D3-7D59-4066-BBB7-949D303AB72C}

※この検査で陽性だとリンチ症候群(遺伝性非ポリポーシス性大腸がん:HNPCC)の可能性が高いそうです。
陽性だった人は5‐FU系の抗がん剤が効きにくいが、免疫チェックポイント阻害剤のペムブロリズマブ(キイトルーダ)やニボルマブ(オプジーボ)が有効という研究結果が出てきているとのこと。


オプジーボは一般的には悪性黒色腫や肺がんに適用となっているみたいですが、大腸がんでもリンチ症候群だと効く可能性があるということみたいです。


爆弾説明間違っていたらすみませんあせる





結果は、、






陰性


リンチ症候群の可能性は低いようです





完全に遺伝的なものだと思ってたーガーンガーン
うちは祖父が脳腫瘍(大腸がんにもなったらしい)で亡くなっていて、母が乳がんと癌家系なので…






じゃあなんで癌になったんや。笑







食生活?お酒?ストレス?


煙草は吸ってなかったし…アセアセ

お酒だって別に毎日浴びるほど飲んでいたわけではないし笑い泣き

そんなにめちゃくちゃな食生活していたわけでもないドクロ



ストレスは仕事やその他諸々であったかもなぁ…


でもそれなりに毎日楽しく過ごしてたしキョロキョロ




色々なものが積み重なって、私の中の免疫くんががん細胞に負けてしまったのかもしれないゲッソリ




まぁもうなってしまったものは取り消すことはできないので、
今さら原因を考えたところでしょうがないんですけどね…爆弾





でもリンチ症候群じゃなくて良かった…ショック

もしそうだったら私だけの問題ではなくなりますからね汗







最初癌になった時と1度目の再発の時は、



「なんで癌になったんだろう…」



とは思っていたけど、





「なんで私が」




とはあまり思わなかったんです。




病気になっていい人なんていないし、自分じゃなくて大切な人が大きな病気にかかったらもっと辛く感じてしまうかもしれない

と思っていたから。





でも今回はさすがに…




「なんで私が選ばれたんだろう…」




と思ってしまいましたショボーン




だからといって他に誰がなればよかったというわけでは決してないのですが。




どちらかというと私くじ運悪いんだけどなぁ。笑





ショボーン






…そんなの誰も分からないことで、そんなこと考えるのは不毛な時間にすぎないですねグー













どんなに辛い現在(いま)があっても、美しい過去を振り返るだけではなくそれを力に変えて未来に進んでいこう



大好きなSexy Zoneの新曲イノセントデイズ ではそんな感じのことを歌ってますが、




まさに今の自分に言ってやりたいゲローゲローゲロー




そんな私の心は煩悩・雑念だらけなので、全くイノセントではありませんチーン



でも、相変わらずセクゾちゃんには元気をもらっています照れ
純粋無垢ではないけどイノセントデイズを聴くと色々沁みて涙出る。笑

{1B0811A3-C85A-4B85-925F-16C645C7DACE}

死にそうになっても好きなことはやめられないようです赤薔薇
むしろ心のよりどころがあって助かっています笑い泣き






いつも読んでくださる方、ありがとうございますほっこり