伝統技法、七宝焼きに挑戦。 | アロマサロン&キャンドル、ときどき彫金【FIG】

アロマサロン&キャンドル、ときどき彫金【FIG】

神奈川県の宮崎台にて1日2名限定のアロマトリートメントサロン&キャンドル工房です。アロマのこと、キャンドルのこと、そして最近は彫金の作品も作りつつある日々のブログです。

こんばんは
宮崎台駅から徒歩2分
アロマサロンFIGのそらですてれ
 
あ〜昨日のsongs
最高だったな〜
 
桑田さんと大泉洋さん
との対談キラキラ
 
私の好きな人
No.1、2の
共演は夢のようでした。笑
 
さて、話は変わって
みなさん、七宝焼きって
ご存知ですか?
 
別名、エナメル。
 
金や銀などに
釉薬を焼き付ける
ガラス技法です。
 
それを聞くと
知ってる!ってなる
かもですね^^
 
七宝焼きの歴史を聞いて
びっくりしたのですが
 
その技法は
紀元前のエジプト
なんですって。
 
その後
シルクロードを渡り
中国に伝来。
 
そして飛鳥時代に
日本に伝えられたとか。
 
やっぱり
シルクロードってすごいな…
と感心しつつ…
 
日本ではこの
技術が失われつつ
あるらしいです
 
正直、私も
英語でエナメルで
なんとなく分かったくらいで
 
あまり
知らなかったです。
 
でも、これが
まあ、素敵なんです!
 
というのも
彫金ジュエリーを
作る過程で
 
シルバーにエナメルを
使ってみたいと
急に思いつきまして…
 
色々、あーでもない
こーでもないと
 
相談していた
ところ
 
七宝焼きの
ワークショップを近々
やるから
 
まずはそれ
受けてみます?
 
って話に
なったんです。
 
その時も
七宝焼き?
はて?
 
くらいでした。
 
でもサンプルを
見ると
 
色がとっても
かわいいんです♪

素敵じゃないですか?キラキラ
 
これはね、ワクワク
してきましたよ〜
 
早速、チャレンジ。
 
カットしたシルバーを
板の上にセッティング。

 たくさんある
色サンプルから選びます。

 色、かわいい♡

この色選び
すごい時間かけて
しまいましたが
 
これからの
季節っぽい
 
パープル系とレッド系を
選びました。
 
 

これが釉薬
なんですが
 
あれ?って
思いませんか?
 
レッドは
もともとホワイト
なんですって。
 
他の色は
そのままの色
だそう。
 
不思議…
 
これをシルバーに
竹串で丁寧に乗せて
いきます。
 

こちらは
先生のお手本。
 
やってみたら
すごい、細かい作業で
 
横にはみ出ないように
均一に色を乗せて
いくのですが
 
めちゃくちゃ
集中力との戦い
ですね、これはあせる
 
気がついたら
息を止めてました。
 
危ない、危ない。笑
 
これで700℃前後
の釜に入れます。
 

数分置いて
焼き付けたものを
取り出してみたら…
 
こんな感じ
で色がついて
出て来ました〜

お〜
白が赤になってる!
 
そして、ここから
2回くらい色を
さらに乗せて
 
好みのぷっくり感を
作っていきます。
 
そして、最終出来上がったのが
こちらです。
 

写真撮る時、あまり光を
捉えられなかったですが
 
光にあたると
ツヤ感がきれいなんですキラキラ
 
これ、ほんと
素敵な技法です。
 
これをストラップにして
ポーチにつけたいな〜
と思っていたのですが
 
ガラスだから
あまり向かないかも?
とのことでした。
 
そっか〜
でもつけたいな〜
どうしようかな〜
と迷い中。。
 

先生たちに聞くと
七宝焼きはすごいかっこいい
伝統技法だって
口を揃えて言ってました。
 

エナメルといっても
伝統的技法の手順を踏んでいる
ことって本当に少ないし
 
彫金ジュエリーで
それをやっている人は

あまりみないから
真似されなくいいかもとか…

みんながやっていない
って言われると
 
ちょっと挑戦
してみたくなります、、ね。笑
 
あー。。
妄想だけが膨らんで
作品作りは全く進んで
いないですがあせる
 
これから
やってみたいです^^
 
 
それでは
また〜てれ
 
 
 
ご予約専用TEL:070-5072-5588(電話予約優先)
ご予約メールまたはお問い合わせ公式HPのこちらから

—頑張る女性の心と身体を整えるお手伝い—
隠れ家アロマテラピーサロン FIG

完全ご予約制1日2名様限定
女性専用サロン
営業時間 9時~22時(最終受付 18:30)/不定休


メニュー > 
セラピストについて >
お客様の感想一覧 >


minne or creema
Instagram