2010年10月29日

A.M.F.Japanか…

テーマ:スポーツ
ラグビー選手だった…
スポーツばっかりしていた…

スポーツから離れて…
犬の仕事をはじめた…

昔の仲間からは…
なんで犬なのかとよく訪ねられる…

いつも丁寧に答えるけど…

簡単に言うと…
スポーツもペットも共通項がたくさんあるから…

それらをキッカケに…
人はコミュニケーションを始める…


そして…
そのコミュニケーションが…
コミュニティーへと発展する…

ただそれが心地いいから…

そしていま…

その「心地よさ」のクオリティーに…
どうしてもこだわって行きたいと思い始めている…

ただ集い…
ただ仲良くなった気になるだけが…

本当の心地よさなのか…

まあ…
昨年あたりからそんなコトを考えはじめ…

ボクが育ったスポーツから…
何かを学びなおせないものかと志向錯誤した結果…

スポーツが…
身体を動かすことだけではないことを…

あらためて確認するコトができた…

それが…
この時のこの記事になる…

この記事から9ヶ月…
アフターマッチファンクションを…

新しいカタチで表現して行けるのではないかと…

あるコトが動き出した…

2010年11月15日…
ほんの数分間だけれども…

Bunkamura オーチャードホールに出演することになった…

10年も20年も前に…
6万人の大観衆の国立競技場で対戦した相手や…
代表合宿で寝起きを共にした仲間や…
同じチームでポジション争いをした仲間…

体重90kg以上という条件で…
仲間たちを集め…

アフターマッチファンクションの精神をもって…

オーチャードホールでキックオフ…

それが何なのか…
11月1日頃には書こうかなと思う…



付け加える…
犬の仕事をしながら…

犬業界の方々とお話する機会がたくさんある…
多くの飼い主さんともお会いする機会がある…

犬を愛するという共通なものがありながら…
上手にコミュニケーションがとれないことが時々起こる…

何かにこだわるあまり…
互いの考えにズレが生じるからかな…

そんな時に…
ボクがいつも思い出すのは…

ALOHAの意味…


ハワイの海も好きだけど…
あの島にあるこのスピリットが…

ボクの行動を…
いつも元に戻してくれる…

ボクが仕掛ける全てのコトに…
このALOHAの意味を込めたいのだと思う…
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年02月22日

アフターマッチファンクション…

テーマ:スポーツ
ラグビーの試合後に開催される…

アフターマッチファンクション…

ラグビーには…
一人は皆の為に、皆は一人の為にと言う意味をもつ…
「One For All, All for One」という言葉がある…

そして…
試合はキックオフではじまり…

終了のホイッスルは…
「NO SIDE」と言う…

これは…
敵と見方に分かれて競い合うが…
ノーサイドのホイッスルと同時に…
敵と味方を解消するという意味がある…

戦術、戦略は違うけど…
ラグビーというスポーツを楽しむという…

本質的な想いを…
互いに共有するてめに…

ノーサイドというわかりやすい言葉が使われる…


国内には…
いくつかラグビー専用グランドがあるが…

ボクが一番多く試合をしたのは…
東京にある秩父宮ラグビー場だったと思う…

そこには…
ロッカールームが4つあるが…
浴室は一つしかない…

直前まで激しくぶつかりあった対戦相手と…
試合ごは同じ風呂で汗を流す…

これは…
秩父宮に限らず…
北海道札幌にある月寒ラグビー場も同じだった






その後…
ブレザーを着てネクタイを締め…

グランドに併設されたクラブハウスに集まる…

レフリー・タッジジャッジ・大会関係者…
両チームの選手が揃って乾杯をして…
お酒をかわしながら試合を振り返る…

最後は互いに部歌を披露して…
エールを交換して…

その試合は完結する…

これを…
「アフターマッチファンクション」と呼ぶ…

激しいスポーツ故に…
試合中に殴り合いが起きる事もあるけど…

ノーサイドを迎えた選手たちは…

一緒に汗を流す時間や…
アフターマッチファンクションの場で…
試合中の敵対心を引きずる者はいない…

これは…
日本に限った事ではなく…

24歳のころ…
ニュージーランンドのチームに所属…

試合の経験より…
アフターマッチファンクションでの印象が強く残っている…

OBや地元の人たちが…
選手に混じってアフターマッチファンクションに集まってくる…

そこでは…
今日の試合の評価をネタに…
敵味方関係なく酒を交わす…

チームで括るという概念は存在しない…

大きく…
ラグビーに関わる仲間たちが…
その空間を楽しみにやってくる…


自分の想いや感情を優先すると…
受け入れられない事もあるけど…

ラグビーに関わる仲間という意識を持つと…
敵も味方も関係なくなる…

それが…
アフターマッチファンクションのあり方だった…

たまたま…
イヌに関わる仕事をして…

戦術や戦略は異なるけど…
イヌの文化をより良くしたいと思う仲間たちが…

まさにアクションを起こそうとする瞬間に…

その本質がなんだったのか…
見失うことがある…

そんな時…
ボクはアフターマッチファンクションで…

試合中に殴り合った仲間どうしも…

数分後には…
一緒に酒を交すことが出来るという事を思い出す…

表現方法は違えど…
ラグビー選手だというプライドが…

個人の考えを誇示するよりも…
自分たちを良い環境へと導いてくれると…

そう考える…


本質は何なのか…

「One For All, All for One」

「NO SIDE」

「AFTER MATCH FUNCTION」

もう一度…
その意味がなんなのか…

ボクも…
もう一度考えをまとめる時期に来てるのかもね…

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。