限りある子育てを笑顔で溢れる日々に。

マザーズコーチングスクール認定マザーズティーチャー148mamaです。




ママでも出来る?





時間と体力は有限。
私はそれを自分のプライオリティに使いたい。
そもそも誰かと比べる必要が無い。


それが明確に、且つしっかり腑に落ちて、
【ママでも出来る】に感じた違和感が具体的になりました。







【ママでも出来る】の背景には、
ママじゃない他の誰かに出来ることが、ママには出来ない。

そんな意味を含んでいるように思いました。


誰かとの比較、他からの判断や評価。

それは自ずと、【勝ち/負け】【強い/弱い】【出来る/出来ない】【成功/失敗】など…見えない誰か・何かと戦う姿勢になるように思いました。






何かと戦うということは、知らず知らずのうちに傷付いたり、傷付かないように守ったりする。

守ってばかりで
勝てなければ、
強くならなければ、
出来なければ、
成功しなければ、

どんなに傷付いて痛くて苦しくても、
勝つこと、
強くなること、
出来るようなること、
成功すること
が【ママでも出来る】の目的になる。







傷付いて痛くて苦しい状態を癒さず、労わらずに、【勝ち・強い・出来る・成功】の鎧を身につけて自分を守っても鎧の重さに耐えられない。



誰かとの比較の上に出来上がった自分。
それは本当の自分自身?







誰かと比べない
誰とも戦わない
みんな違ってみんないい
だから、自分らしく自分自身を生きることに遠慮しなくていい。



【ママでも出来る】は、自分の信念とズレていたんです。