その不満の先にはもしかしたらチャンスが隠れているかもしれないよ? | 人生の転換期に最高の選択を キャリアリメイクブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

人生の転換期に最高の選択を キャリアリメイクブログ

いまより自信が溢れる生き方、未来があってもいいですよね?
3年後の自分の姿がイメージできなくなったら、簡単な方法で楽しく軌道修正。
就職氷河期世代の底力を信じています!
転職、田舎暮らし、健康生活。
キャリアリメイクで笑顔あふれる豊かな人生を手に入れよう。

 

今日も機嫌よく過ごせましたか?

 

 

今日は、

不満を感じることに気をとらえすぎると、

好転のチャンスを取り逃がすかもしれないよ。

 

というお話をします。

 

最後までお付き合いくださいね。

 

 

 

まずは近況から。

 

いやはや、

いつもなら日曜深夜には記事を出すのですが、

今回は遅れに遅れまくってしまいました。

 

 

新プロジェクトが色々と動き出しているのですが、

新型コロナの第3波の対応も考えなきゃいけなくて、

ここ最近はバタバタしています。

 

 

そんな中で、ふと育てているキンセンカを見てみたら、

なんか大きくなってモシャモシャになっていました!

 

 

これ見て!

 

 

 

 

 

ヤバイヤバイ、時間を作って株わけしてあげないと、

いまのプランターではぎゅうぎゅうだ。

 

 

 

 

新型コロナで気疲れする日々だけど、

近い将来きれいな花が咲くというのは、

なかなかの希望だよね~。

 

 

 

 

 

さて、

会社に勤めていても、

学校に通っていても、

コンビニでバイトしていても、

 

誰にだって不満なことはありますよね?

 

 

ちなみに、不満の多くが、

 

人間関係が原因で起きやすいじゃないですか?

 

 

しかも、

 

「どうして分かってくれないの!?」

 

という自分の気持ちが伝わらないことが原因で

不満を感じることが多いんじゃないかな?

 

 

 

仕事場の話だと、

上司に新しいプロジェクトの提案をしたのに、

 

「これって本当に上手くいくの?」

 

って否定的な疑問を投げかけられて、

何度も上手くいく理由を話すんだけど、

なかなか納得してもらえない。

 

 

 

 

 

 

学校の話でたまに耳にするのが、

いじめられている子が先生にヘルプを出しても、

 

「でも、あなたにも悪いところがあるんじゃないの?」

 

と言われて改善を手伝ってくれない。

 

 

どちらの場合も、提案、相談をした人は、

どこかのタイミングで気持ちが折れて、

あきめてしまいますよね。

 

 

結果、不満だけが残り、

周りとの関係がギクシャクしてしまう、と。

 

 

こういうこと、僕も経験があるんですよ。

 

で、理由を考えてみたんですけどね、

結論はというと、

 

「そりゃあそうなるか。」

 

でした。

 

 

 

 

まず、

上司が否定的な疑問を投げかけてくる理由は、

 

提案された新しいことの知識がないから。

 

 

人は、知識のないことは想像することができません。

 

 

知らないことを判断するのって怖いじゃないですか?

 

 

それを判断するためには、

イメージに必要な情報が少しでも多く欲しい。

 

 

一方の説明する部下の方は、

「どうして私を認めてくれないんだ?」

という自分の思いを通そうとする。

 

 

それって、上司が欲しい情報を伝えられていない

可能性が高いんですよ。

 

 

上司から見ると、

強い気持ちばかりぶつけられるけど、

話の中身がわからない。

 

 

そんな状況って、あなたでもちょっと引くでしょ?

 

そんな状況になったら怖いから一歩引いて、

安全な場所で冷静に判断しようと身構えるわけです。

 

 

 

 

ちなみに、

いじめを前にした学校の先生も同じなんですよ。

 

 

だいたい、いじめられた経験のない人は、

いじめの気配に鈍感なんですよ。

 

新しいことを知らない上司と同じ状況。

 

 

だから、多くの先生はいじめの話を聞いても、

状況をイメージできないんです。

 

 

だから、戸惑うし、恐怖を感じて一歩引いてしまう。

 

 

 

これがどういう状況かというと、

 

話を聞いてる人は怖いと感じているし、

 

話をしている人は不満を感じているし、

 

お互いが相手を理解できず困惑しているんですよね。

 

 

こんなとき、本当は上司や先生のほうが、

相手の話をちゃんと聞く技術を身につけてほしいですが、

日本ではそういう教育ってなかなかないんですよ。

 

 

 

 

 

だから、あなたが話をして不満を感じたとき、

相手を否定、拒絶するのではなく、

一度立ち止まって、

 

「相手に足りていない情報はなんだろう?」

 

って考えてみてほしいんです。

 

もしくは、相手に、

 

「足りない情報はなんですか?」

 

というようなことを質問すると、

相手から恐怖が消えて、

あなたの味方になってくれるかもしれませんよ?

 

 

それは、問題が解決に向かうチャンスです!

 

 

まずは、お互いに理解できていないことに気づくこと。

 

そして、不満を感じたら一度立ち止まって、

相手が理解できていないことを知ろうとすること。

 

 

そこから好転させるチャンスを見つけてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

今回の話を読んで感じるものがあるなら

お手伝いできるメール講座があります。

 

 

かなりオススメ

あなたの本当に得意なこと、やめた方がいいこと、

そんな部分から見つめ直したいならこちらをどうぞ。

 

下矢印下矢印下矢印

 

 

 

 

 

コミュニケーションから見直したいならこちらをどうぞ。

もうすぐ開催ですので、お早めに登録をオススメします。

 

次回は11月1日スタートです。

 

下矢印下矢印下矢印

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オススメの記事です。

 

 

 

 

 

フォローしてね!

 

ブロトピ:ブログ更新しました