お店を元気にするマーケティング講座-10〈無料〉 | 小さな会社、小さなお店のマーケティング

小さな会社、小さなお店のマーケティング

〈夢を実現するマーケティングってなに?〉


テーマ:

こんにちは!

お店の“愛され力”コンサルタント 石井啓介です。

 

さてよくわからない「マーケティング」を

わかりやすくご紹介するシリーズ

「お店を元気にするマーケティング講座」です!

 

本日から読まれるかたは、第一回はコチラです。

お店を元気にするマーケティング講座〈無料〉

 

これまで勉強した作り手発想の「4P」から、

お客様中心の「4C」の時代になったということで

「4C」の中身についてお話ししています。

 

<マーケティングの4C>

Customer Value(顧客にとっての価値)

Cost to the Customer(顧客の負担)

Convenience(入手の容易性)

Communication(コミュニケーション)

 

今日は「4C」の最後の

「Communication(コミュニケーション)」です。

これは、お店のメッセージが正確にお客様に届いているか、

逆にお客様の声がお店に届いているかという観点で

双方向のコミュニケーションを円滑にとれるようにしましょうね。

ということです。

 

お店からお客様にお伝えする情報については、これまでもブログや、

この実践メルマガでも色々と考えて参りましたが、

「お客様の声」をお店に伝わることについては

あまりお話ししてきませんでしたね。

これは、カンタンに言えば「お客様アンケート」

が分かりやすいかもしれません。

「お客様の声BOX」とか「目安箱」とかを

やっておられるお店さんもあるかと思います。

実際は中々声が集まらないかもしれませんが、

こういう「お客様の声を聴く姿勢」というのも、

お客様は見ていますので、

結果に関わらず続けることが大事だと思います。

 

もちろん、

日々の接客の中で、お客様と会話することに

勝るものはありませんので、

よくお客様とお話ししていただきたいと思います。

 

以上が「4C」と言われるものですが、

旧式の「4P」にとって代わるものではなく、

「4P」「4C」双方の観点からお店の商品やサービスを

考えていく必要があると思います。

 

最後に、もう一度整理しておきますので、ご確認くださいね!

 

Product(製品) ⇔ Customer Value(顧客にとっての価値)

Price(価格) ⇔ Cost to the Customer(顧客の負担)

Promotion(販売促進) ⇔ Communication(コミュニケーション)

Place(販売ルート) ⇔ Convenience(入手の容易性)

 

 

4P、4Cと学んできましたので

次回からは、新シリーズにはいります!

 

いかがでしたでしょうか?

もし読んでいただいて「参考になったな」と思ったら

「いいね」していただき、「リブログ」して

お友達紹介していただきたいと思います。

少しでも、私の記事がみなさんのお役に立てれば幸いです。

 

当ブログは、

これまで得てきた私の知見/経験で

地域密着の「小さなお店」さんのお役にたてないか?

ある意味「社会貢献」というスタンスで

行っております。

 

ですので、

よくコンサルさんが、ある意味「営業」目的で書かれている

ブログとは異なり、実践ですぐに活かせるコトを

無料でご提供させていただいております。

 

このようなスタンスで書かせていただいておりますので

記事に関することや、それ以外のことでも

お気軽にメッセージいただければと思います。

 

メッセージでお返事できる範囲でしたら

いつでも無料でお受けいたします。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
新規事業の立ち上げ、ブランド構築、集客促進、店舗改善などで
お困りではないですか?
課題の本質を見つけだし、一緒に解決策を考えて参ります。
お気軽にお問合せください。
ひとつひとつの課題に、最適なソリョーションを
One 4 One Marketing.

夢を実現するマーケティングコンサルタント 141marketing 石井啓介さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ