お店を元気にするマーケティング講座-6〈無料〉 | 小さなお店の“愛され力”アップ講座

小さなお店の“愛され力”アップ講座

~お金をかけずに、お客様に永く愛されるお店を創る~


テーマ:

こんにちは!

お店の“愛され力”コンサルタント 石井啓介です。

 

さてよくわからない「マーケティング」を

わかりやすくご紹介するシリーズ

「お店を元気にするマーケティング講座」

ですが、

回を重ねるごとに少しづつ読者様が増えてきており

うれしい限りです。

 

ここまでは

「マーケティング=売れる仕組み」の基本である

「マーケティングの 4P」をご紹介してきました。

基本中の基本ですので、まだ読んでいない方は

コチラから読んでくださいね!

お店を元気にするマーケティング講座〈無料〉

 

 

本日からは、

これまでご説明した「マーケティングの 4P」の続編を

お届けしたいと思います。

 

「マーケティングミックス:4P」いうのはマーケティングの基本ですが、

最近になって「もう4Pは古い考え方だ、今は4Cの時代だ」

いうことになってきました。

 

〈4P〉         〈4C〉

製品(Product)    顧客価値(Customer Value)

価格(Price)     顧客にとっての経費(Cost)

流通(Place)     顧客利便性(Convenience)

販促(Promotion)   顧客とのコミュニケーション(Communication)

 

あ~また難しくなってきたと思いますか????

でも、私のテーマである「お客様に永く愛されるお店」としては

この4Cという考え方は非常に近いので、

しっかり理解してくださいね。

 

えっとですね。

「4P」は、どれも売る側からだけの見方で、

どんな商品を作り、価格を決め、どんなお店で、販売促進をするか、

を考えているのに対して、

「4C」は、全てをお客様サイドから見た

発想で構成されています。

 

実は「4P」は1960年代の初めに生まれた考え方でして、

大量生産大量消費の時代でした。

 

そして「4C」という考え方が出てきたのは1990年代後半です。

その間に、時代は大きく変わり、激しくなる市場競争の中で

最も大事になったのは「お客様視点」でした。

 

コンビニや通信販売、宅配便、インターネットなど

お客様の利便性を徹底的に追求した企業や製品が大きく伸びたのは

みなさんもご存じの通りです。

作れば売れた時代の「売り手発想」から、

お客様に選んでいただく時代の「お客様発想」に変わらなければ生き残っていけない時代

となった訳で、

「マーケティング」も時代に合わせて変わっていくものなんですね。

 

お客様にモノやサービスをご購入いただくための仕組みづくり

=マーケティングは、

大手メーカーでも、小さなお店でも基本的には変わりません。

マーケティングを、あなたのお店なりに考えることで、

お客様としっかりと関係が持てて、永く愛していただけるお店

につながります。

 

次回からは、新しい時代のマーケティング〈4C〉を

一つ一つ考えていきたいと思います。

 

いかがでしたでしょうか?

もし読んでいただいて「参考になったな」と思ったら

「いいね」していただき、「リブログ」して

お友達紹介していただきたいと思います。

少しでも、私の記事がみなさんのお役に立てれば幸いです。

 

当ブログは、

これまで得てきた私の知見/経験で

地域密着の「小さなお店」さんのお役にたてないか?

ある意味「社会貢献」というスタンスで

行っております。

 

ですので、

よくコンサルさんが、ある意味「営業」目的で書かれている

ブログとは異なり、実践ですぐに活かせるコトを

無料でご提供させていただいております。

 

このようなスタンスで書かせていただいておりますので

記事に関することや、それ以外のことでも

お気軽にメッセージいただければと思います。

 

メッセージでお返事できる範囲でしたら

いつでも無料でお受けいたします。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
新規事業の立ち上げ、ブランド構築、集客促進、店舗改善などで
お困りではないですか?
課題の本質を見つけだし、一緒に解決策を考えて参ります。
お気軽にお問合せください。
ひとつひとつの課題に、最適なソリョーションを
One 4 One Marketing.

お店の“愛され力”コンサルタント 石井啓介さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス