今日は、ケアフィールドからお知らせがあります。

 

 

9月から店舗名を

 

英語表記の「CARE FIELD」から

 

カタカナ表記の「ケアフィールド」

 

に変更いたしました。

 

そして、-痛みの治療院-から

 

-靴とカラダの治療院-に変更いたしました。

 

 

変更に至った経緯は

 

 

これまで、自分自身が5度の手術や怪我をたくさん経験してきた中で

 

様々な治療家の先生、パーソナルトレーナーの方のお世話になりました。

 

トップアスリートを診ているような先生にも診ていただく機会もありました。

 

 

しかし、今まで靴の事を指摘やアドバイスされたことがありんせんでした。

 

 

けど、実際に自分が靴にこだわり本当にこれだ!と思えるようなインソールと出会い

 

怪我だらけで無理するとすぐに痛みや不調が出るようなカラダだったのが

 

驚くような変化が実感できました。

 

トレーニングをサボると悲鳴を上げていた膝が

 

「フォームソティックス・メディカル」という医療用の矯正インソールを入れただけで

 

練習の次の日の朝、本当に昨日練習したかな?

 

というぐらい何ともなかったんです。

 

この感動は、もっとたくさんの人に伝えていかなければいけないことだと強く感じました。

 

 

今までに培ってきた筋膜の治療に加え、靴のアドバイスやインソールで

 

もっとたくさんの方を笑顔にできるようにこれからも頑張ってまいります。

 

 

今後ともケアフィールドをよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

ケアフィールド -靴とカラダの治療院- 院長 上杉 建登(ウエスギ タツト)