今日は、前回の続きで・・・といっても

 

もはや覚えていないかもしれない .

 

1ヵ月ちょい前の話なんて!

 

と思っている方もいるかもしれませんが、

 

気になる方は前回の記事をご覧ください。

 

前回の記事はここ↓

というハイテクなテクニックはございませんので

どうか寛大な気持ちで戻るボタンを押してあげてください。

 

 

ということで、きっと諦めた方が多いかもしれませんが

呼んでくださった方、ありがとうございます。

 

その、続きから行きます。

 

 

靴選びにはまず自分の足を測って靴のサイズを把握したうえで選ぶことが大切です!

 

そして、前回足の縦のサイズだけでなく

足の周径(足囲)がとても重要だという話から今に至ります。

 

では、なぜ足の周径が大事なのか?

 

それはズバリ

 

横幅にもサイズがあるからです!

 

ってこんなことぐらい知っとるし!!!

2Eとかワイドとかそんなんやろ~

 

そうなんです!よくご存じで。

 

と言いたいところですが、それだけでは自分に合った靴はえらべません。

 

 

足の横のサイズはウィズと言いますが

これを知っていないと、靴選びは失敗します。

 

ウィズはA~Gまであります。

A、B、C、D、E、EE、EEE、EEEE、F、G

 

こんなにもサイズが分かれているんです。

わかりやすく解説すると

Aが一番細身の足で、幅広になっていき最後のGは超がつく幅広の足です。

 

さてここで問題です。

 

あなたは自分の足囲がどのサイズかご存じですか?

 

ほとんどの方がこれを知らづに靴を選ぶのでサイズが合わない問題が発生します。

 

例えば

 

EEEと幅広めの足の方が、標準ぐらいの幅しかないDの靴を履くとどうなるのか・・・?

 

簡単ですよね!

 

幅がすごくきつく感じます。

 

では、横幅がきついと思ったらまずやることは?

 

大体の人が、ワンサイズ縦のサイズが大きい靴を試し履きします。

まだ少し狭いのでもうワンサイズ大きい靴を試し履きします。

こうして横幅がきついからと段々サイズアップしていき、

最終的に大きめの靴を選んでしまう傾向の方が大半です。

 

 

これでは、靴の中で足が動きうまく指を使ったりできなくなってしまいます。

 

そして痛みに繋がります。

 

では、どうすればいいのか?

 

まず、サイズが分からない方は、足測りましょう!

そして、自分の縦のサイズ、ウィズサイズを把握します。

 

そして、靴屋さんかネットで

自分のウィズに合った靴を探します。

 

表示はニューバランスさんの靴と箱には書いてあります。

 

他のメーカーでは少しわかりづらいかもしれません。

 

今から一番いいクライマックスが・・・

と言うときに

だいぶ長くなってきたので今日はこのあたりで!

 

そんな時はどうしよう!

 

を次回お話いたします。

次の次回は近日中に公開予定!!

 

 

ネット予約はこちらから
24時間予約可能!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
予約する
 
 
CARE FIELDホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓