喫茶部~西陣前編~

テーマ:

このエントリはさすがにCafeですね、喫茶部ですもん。


12時に四条大宮で待ち合わせ。西院で降りたことはあるけど、四条大宮はカンペキなストレンジャー。


れみとどこかなぁとおろおろしながら、いかさんとななさんを見つけました。いかさんはカメラ(なんちゅう名前やったかは忘れた。オリンパスデミ?)を首からさげてれみと談笑していた。俺もアルバムを見せてもらった。アナログの醍醐味、現像の醍醐味にしばしやられる。むむむ。ななさんはこの前イノダで見たときはパーマだったよな気がしたが、パーマではないので最初頭の中は??だった。イノダで座って見てるななさんより、オフのななさんの方が背が高いようにも感じた。


このときはまぁ、まだちょいシャイでした。バス停にチャリンコを無断で停めるにーちゃんをもんのすごい剣幕で怒鳴るおっさんをみてプゲラとなっていたのでした。


そうこうしてるうちになつさん登場。なつさんの首にはHOLGAが。うおーホルガってこんなにでかいのかー。いいなぁ。おもしろそうだべ。れみははちカメラもってたし、みんな何なりのカメラ(アナログなりデジタルなり。)を持っていました。


5人そろったところでバスに乗り込み西陣へゴー。お昼はさらさ西陣です。


それまでに結構歩きました。さすが喫茶部。前評判通り良く歩くぜ。なつさんはなんとかパンツ(衣類)に引っかかっていましたw平屋を色々見渡してるうちにさらさにつきました。しかし歩いてても遠くを見ればどこも山だねぇ。ちょっとサユリ1号を思い出した。


さらさ西陣は、さらさの2号店でございます。銭湯の藤の森湯を改装してできたこのカフェはなんともモダンな雰囲気を醸し出していました。

さらさ

隣(男湯と女湯がわかれているように)は服や手ぬぐいが売ってる次空間画房さんです。


さらさ内装

タイルがホントにいい模様。天井は吹き抜けです。夜もまたステキなんだろうなぁ。

さらさ内装2 レコード

左:もうちょっと下。奥が入り口です。       


喫茶部に来て余計に考えさせられるようになったのは、カフェにおける音楽。カフェとして最適な音楽、そのボリュームってどのぐらいなのだろう、と。特に後者。ここはそうでもないと思ってたんですけどどうでしょう。ウーロン茶CM特集がちょっと気になりました。そう考えると神戸はもっとうるさいですね。部長さんやらとてもじゃないけど呼べない。さがさなくては。いそいそ。写真の左は読書ができそうなスペースでした。実際に読書してはった人がおって写真は撮れませんでした。


チャイのアイス

お昼は、豚の角煮丼(やわらかくておいしかった)と、デザートにチャイのアイスをいただきました。シャーベット状?シャリシャリの中にもチャイのコクがあっておいしかったです。
ここのお水は薄いレモン味でした。


ここではバスローブや露天商談笑、デミ?を触らせてもらったりと少しカメラ小僧になった気分でした。


後半に続きます。


◇SHOP DATA◆

さらさ西陣

京都市北区紫野東藤ノ森町11-1 離楽庵WOOD-INN1F

OPEN 12:00~22:00

Tel:075-432-5025

定休日:水曜日


■TOILET DATA□

元銭湯だけに、元脱衣所の洗面所がトイレになっています。

なんだか不思議な感じ。是非ごためしあれ☆

AD

メガネカフェ。

テーマ:

先日お知らせした通り、メガネ工房×カフェ行って来ました。


何せ県庁付近ってあんまり行かんし(行かないよね?)Meets 片手に20分ぐらい同じ道を行ったり来たりしましたよ。


ついたー。


しかし、閉まってる模様。誰もいないし。勇気をふりしぼってあけてみた。


                ~ドンドンドンドンドンドン~


ダンサブルな音楽がかかってくる。でも誰もいない。


あ、走ってきた。メガネ工房の旦那さんである。


オープンが12時やったけど準備が出来てなかったらしく平謝りされた。


いいですよー。と1時間つぶしてまた行ってきました。

MAMEYA

12時の時点ではまだ黒板が出てなかったんですよね。


カフェ担当の奥さんも「さっききてくれたんですよねぇ~。ごめんなさいねぇ。」って言われてちょっぴりはずかしかったけど、嬉しかったです。


MAMEYA2

カフェサイド。10名程度が座れるこじんまりとしたスペース。前のテーブルは卓球のネットが張ってあって、ラケットとピンポン球がありました。


MAMEYA3 MAMEYA6


上:写真はカフェ担当の奥さんです。元ラフレア とのこと。初めて行ったときにはおったような気がする…。旦那さん作であろう赤みがかったピンクの縁に、かける部分は鼈甲っぽいクセのあるメガネやったけど似合ってた。何か見て来られたんですか?って気軽に声をかけてくれた。


かわいいクッションがいっぱいありました。


MAMEYA5 MAMEYA7

上:俺が注文した、目玉焼き乗せカレー。キャベツのサラダ付き(ちょっとすっぱかった)。玉ねぎと牛肉をじっくり煮込んでて、まろやかな味。目玉焼きがいっそうまろやかさをひきたてる。

下:テーブルにあった、ハリネズミのライト。かわいい。


おなかいっぱいになった時に奥さんが「待たせちゃってごめんなさいね。」と、デザートのチーズケーキをサービスしてくれました。アイスと生クーリムが絶妙にマッチしてておいしかった☆

ダンサブルな音楽と共に流れてくるのは、メガネの研磨の音。ダンナさんの選曲だろうか。

MAMEYA8 MAMEYA4

上:メガネ工房。塵がカフェサイドに舞ってこない為に仕切りがある心遣い。

下:壁にかかっているセルフレーム。すべてダンナさん(ナッキーさん)一人でオーダーメイドメガネを作っている。予約注文でいっぱいだとか。

帰り際に勇気をふりしぼって聞いてみた。メガネに関する質問ね。



俺:あのぉ、オーダーメイドで作ったらやっぱり白くなりにくいですか?結構白くなっちゃって。

※セルは長く使ってると、汗・整髪料・水等で白っぽくなってきます。


ナッキーさん:白くなっちゃうのはオーダーメイドでも市販のやつでもあまり変わらないかもしれません。ここにある機械や鑢で研磨して、新品に近い状態でお渡しする事はできます。


俺:なるほどぉ。


ナッキーさん:現在お使い頂いてるメガネでも研磨のサービスはやっていますので、もしよかったら言ってくださいね☆


俺:おぉ!そうなんですか!ありがとうございます◎



社会人になって懐に余裕が出てきたら、オーダーメイドメガネを作ってもらおうと思いました。



帰りは、奥さんが出口まで送ってくれた。美容院なみのサービスっぷり。すごい気分がよかった。また行きます。



◇SHOP DATA◆

MAMEYA×ORIENTAL DESIGN LABORATORY
神戸市中央区下山手通4-12-2 2F

(階段をのぼって焼肉屋さんの手前です。)

OPEN 12:00~

Tel:(078)-332-0575

定休日:水曜日


■TOILET DATA□

クッションや、工房のティッシュケースもそうなんですが

カエルグッズが充実しています。ポンプ式のソープやゴミ箱もカエルでした。オサレなカフェは、トイレももちろんオサレ。

map



テーマ:

このシーズン、マジで鰺がうまいんです。 先日いとこが若狭からアジを釣ってきてくれてそれを塩焼きと刺身で食ったんです。黙ってしまいます。明日はあじフライ。いつからこんなにあじが好きになったんだろう。



■打ち水

いいですよね。去年やったかな。御堂筋で200人が打ち水したら2度近く気温が下がったとか。


そろそろ庭にも水を撒く季節です。今年は未だに家で冷房してません。頑張ってる。


■結びの一番

昨日の結びの一番見ましたか?朝青龍対黒海。物言いの時点でおザブ飛びまくり。黒海の勝利でおザブ吹雪。久々に見たわ。若貴フィーバーぶりぐらいでしたわ。朝青龍おザブ蹴ってたね。てか、琴欧州もそうやし、関取ランク外国人多いな。

雑記

テーマ:

■ダーツがあつい。

ダーツ

ふと漫画喫茶で卓球待ちでやってたんですが、これはおもろい(写真は同機種です)。301点から点数減らしていって、最後はぴったり0になった方の勝ちなんですけど、ダブルやトリプルがあったりします。ただ単に一番真ん中を狙うんじゃないんです。最初は高得点のBULL(真ん中ね)やトリプル20なんかを狙っていって最後持ち点60とかになったら、トリプル20(これを外すと1点。うまくできてる。)とか、BULL(これはダブルだと50)とダブルの5とか10とか。ハマったら結構抜け出せません。卓球の事なんか忘れて3時間ぐらいやってました。またやらなくては。


追記:初めて地元で偶然に学校の友達に会いました。


■東加古川

ラーメン激戦区らしい。

俺は一昔前まで「ラーメンなんて…」とこだわりもってもしゃーないと思ってました。ナメたらいけませんね。日曜に連れていってもらいました。ラーメンもんど 。説明はリンクみてもらったらいいんですが、セットメニューでちゃーどんっていうのがあります。焼豚のっかった丼なんですけど290円。これがまためちゃくちゃうまかった。メール会員限定裏メニューなんてのもあってそれもせめたいところ。


■西陣

今度の京都は西陣。小学校の社会の授業から気になってた場所なのでとても楽しみです。


キャトグラファー

テーマ:

以前副業でキャトグラファーになりたいみたいな事を書いたと思います。


昨日はホント、キャトグラファーってこんな感じなんちゃうかなぁって思うぐらい猫を撮りました。


キャトグラファー、板東寛司さんの本です。
板東 寛司
猫の手

ねこの写真でオススメなのは、岩合光昭さんです。写真家でサバンナや北極で野生動物を撮るのが専門なんですが、傍らで野良猫の写真等も撮っています。


岩合 光昭
ニッポンの猫

先週ぐらいから、メリケンパークでひいきにしている野良猫の家族(母親と子猫3匹)がいます。


ホームレスのおじさんが世話をしているみたいで、最初は近寄りがたかったのですが、ホームレスのおじさんは実にいい人でした。メリケンパークの野良猫事情(今はタイムズメリケンというイベントをやっててそのためにドーベルマンを放して野良猫を追っ払った話しや、ホテル○ークラの○○さんは猫好き等)を聞いたりしてるうちに、この野良猫家族ともうちとけあい、それから度々、顔を見に行っています。


昨日もいました。分かりますか?

おかん


もうちょっと近づいてみましょう。

おかん2


母猫は木陰で昼寝をしていました。


いつものようにケータイや、カメラのストラップをふらふらさせ、植木をがさごそさせると…。


こねこが出てきます。

こねこ 親とそっくりの色(肉球とか)


だんだん慣れて、あそび疲れた隙に抱き上げたりできるようになります。

こねこ2


この後授乳をしていました。

親子


そしてメリケンパークを後にして、栄町の雑貨屋に行きました。それは後日…。


路地で3匹発見。写真は1匹しか撮れませんでした。

野良は安室の歌詞どおり、路地裏で見つける事が多いです。まさにstray cats。

野良猫の写真は、距離感がとても大事です。あと1歩と欲張ると、それが命とりとなり逃げてしまいます。


茶トラ ズームが心強い味方。



最後は、ほとんど店の閉まっている夜の元町商店街で見かけました。

隣が服屋で、写メを撮っていた服屋の店員さんに「写真家ですか?」と聞かれました。OTTL

カメラごついし、商店街の真ん中で脇目もふらずカメラ構えたらそら写真家っていわれるわな。。。

野良@商店街




家に帰って、自分とこのたまを見ると

長い間旅行に行ってて帰ってくると「やっぱ実家が一番」みたいな感覚で

「自分とこのねこが一番かわいい」と思うのでありました。


たま