http://news.livedoor.com/article/detail/10768326/より転載

・マイナンバーは受け取り拒否しても問題ないと筆者は解説している
・通知カードは受け取りを約3か月拒否すれば、破棄されるという
・たとえ自分の番号を知らなくても、何らデメリットはないとのこと

何のメリットもないし、いらない 知ってましたか、マイナンバー 実は「受け取り拒否」できます

2015年10月29日 6時0分 現代ビジネス

12ケタの番号が手元に届き、不安になっている人もいるだろう。こんな番号は欲しくないが、なにか準備しないと面倒が起きるのでは、と。だが、こんな制度は無視していい。その理由を徹底解説する。

■会社に提出しなくていい
「番号が届いたけど、これ、いったいどうすりゃいいの?」

10月20日から12ケタのマイナンバーが記載された「通知カード」の交付が始まったが、日本全国でそんな疑問の声があがっている。

来年1月からは「個人番号カード」の交付も始まり、制度の本格的な運用が開始されると喧伝されているだけに、不安になるのも無理はない。

だが、まったく気にする必要はない。実はマイナンバーは、「受け取り拒否」、つまり無視をしても問題のない制度なのだ。

そもそも、現在配られている「通知カード」自体、受け取らなくても何ら罰則はない。

行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律、通称「マイナンバー法」に詳しい、弁護士の水永誠二氏が語る。

「通知カードの受け取りを拒否することは可能です。簡易書留で送られてくるだけですから、配達員が来ても出なければいい。受け取らないまま1週間が経過すれば、通知カードは市区町村に戻る。それらの自治体から『受け取ってください』と督促が来ますが、それも無視すれば、3ヵ月で通知カードは破棄されます。

すでに受け取った人は、転居などで記載事項に変更が生じたときにその旨を行政に届けないといけません。ただ届けなくても、特に罰則があるわけではありません」

受け取りを拒否すれば、当然、自分の番号がわからない、ということになる。

そうなれば、政府が宣伝する「利便性」は享受できなくなる。だが、彼らが言うメリットとは、様々な申請の手続きが楽になる、という程度だ。たとえ自分の番号を知らなくても、何らデメリットはない。

マイナンバーの活用・提示が想定されているケースごとにそれを検証していこう。


【会社に番号提出を求められたら】

サラリーマンなら、すでに人事や経理から番号の提出を求められている人も多いだろう。だが実は、応じなくても罰則規定はない。

社会保険労務士の北見昌朗氏が解説する。

「提出を拒否すれば、『出してください』と、経理や人事から督促を受けます。しかしそれでも嫌だといえば、『督促をした旨』を記載した上で、人事は税務署に提出する。税務署はそれを受理してくれます。企業にも提出しなかった社員にも、現状では何ら罰則規定はありません。今後も、提出しないからペナルティを科す、ということはできないと思います」

ただ、あえていえば、国税からマークされるケースはあるかもしれないと語るのは、前杉並区長で一般社団法人国家経営研究会代表理事の山田宏氏だ。

「私はかつて杉並区長として住基ネットに反対しましたが、その後、税務署が頻繁に調査に来るようになりました。もちろん向こうは『関係ない』と言いますが、私からすればそうは思えない」

とはいえ、番号を出さなかった人を一人ひとり調査するとなれば、膨大なコストと手間がかかる。きちんと納税をしていれば、ほとんど心配はいらないということだ。


■口座との紐付けは不可能
【番号なしで銀行口座は開設できるのか】

預金口座との紐付けは、「公正な徴税」を目的とする、マイナンバー制度の肝。'18年からは任意による紐付けが開始され、その3年後の'21年からは義務化が検討されている。

だが、やはり心配はいらない。前出の水永氏が断言する。

「義務化される可能性があるのは、あくまで新規口座。しかも、これも検討段階にすぎない話です。そして、いま使っている口座を強制的に番号と紐付けをさせるのは事実上不可能。紐付けしなければ口座を凍結するなどという措置は、財産権の侵害にあたり、憲法違反になるからです」

口座との紐付けについては、他にもできない理由がある。『大事なことだけすぐにわかるマイナンバー制度』を監修した税理士の青木丈氏が語る。

「紐付けについては、金融機関もあまり乗り気じゃありません。番号がないと口座が作れないなどと言えば、口座を開設してくれない人が出てくるかもしれませんからね。

番号を提出した際のメリット、しなかった場合のデメリット、共に特にありませんし、預金との紐付けは現実味がありません」

金融機関へ番号を提出する必要がないのだから、当然、従来通りの手続きで、融資を受けられるし、ローンも問題なく組める。


【株の配当や保険金は、番号がなくても支払われるのか】

株取引をしている人は配当を受け取る際に、証券会社などからマイナンバーの提出を求められることになる。だが、これも企業のケースと同じで、提出したくない、と言えばそれまで。証券会社が支払報告書に「マイナンバーを受け取れなかった旨」を記載すれば、税務署は受理してくれる。

保険の場合も、株の配当と同様。保険金の支払いの際に番号を求められるが、提出しなくても何ら問題はない。


【マイナンバーカードがなくても病院の受診や入院はできるのか】

マイナンバー制度の導入が決まって以来、再三にわたって議論されている医療分野。実はこの分野における番号の活用については、まだ何も決まっていないというのが実情だ。

決まっていないのだから、当然、番号は必要ない。ある日本医師会職員が証言する。

「政府としては、医療分野での活用を考えているようですが、医師会から猛烈な反発を受け、制度設計はまったく進んでいません。医師会は、患者の病歴という極めて機密性の高い情報を他の情報と一緒にすることを危険視しているんです。

そのため、厚生労働省は医療分野だけマイナンバー制度から独立させ、『医療等ID』という別の番号を発行する予定です。こんな状況ですから、病院を訪れたときに番号がわからなくて困る、ということはありえない」


■無視していればいい
【番号なしで年金はきちんと支払われるのか】

医療や保険以上に、多くの人が気にしているのが、年金とマイナンバー制度の連係だろう。年金についても、マイナンバーは必要ない。

むしろ年金の場合は、現状、連係はないほうがいいとされているくらいだ。というのも、今年5月に日本年金機構が起こした、125万件もの個人情報流出事件により、マイナンバー制度とつなげる作業は完全にストップしているからだ。

事実、日本年金機構は現在、年金請求の際に住民票を提出するときは、「番号を記載しないように」と呼びかけている。

来年1月からマイナンバー制度と連係するはずだったが、1年5ヵ月の延期が決定。そして今後も、番号が必要な状況にはならないと語るのは、「共通番号いらないネット」代表の白石孝氏だ。

「連係が始まれば番号は勝手に割り振られ、我々の年金は政府によって一元管理されます。それ自体が気持ち悪いという意見があるかもしれませんが、一般市民が何かしなければならない、ということはありません。もちろん、番号の提示が必要な場面もない。

個人番号カードを作れば自宅から年金の支給額を確認できるようになると言われていますが、それも毎年来る『年金振込通知書』を見ればわかることですからね」

給与所得、口座開設、社会保障分野……様々な分野でマイナンバー制度の活用を見てきたが、番号が必要になる場面はない、ということがわかっただろう。マイナンバーは「受け取り拒否」をしても問題はないのだ。

しかしそれでも、来年1月から個人番号カードによる制度運用が始まれば、面倒なことになるのではと、不安が拭い切れない人もいるだろう。

心配はいらない。マイナンバー制度推進を統括する、内閣官房社会保障改革担当室参事官補佐の浅岡孝充氏が保証する。

「端的に言えば、個人番号カードというのは、本人確認書類に過ぎません。そもそも、持ちたくないという人は作らなくても問題はありません。持っていなくても、行政サービスから除外されるということはありません。従来どおりの手続きをふめば、変わらない生活を送っていただけます」

国民の理解を得るために、政府は必死に「利便性」を主張し続けている。だが、マイナンバー制度のそもそもの目的は、あくまで「行政の効率化」と「徴税強化」。つまり、国民ではなく、政府のための制度だ。

「通知カード」が届いたからといって焦る必要はない。無視していれば、それでいいのだ。

「週刊現代」2015年11月7日号より

---------


と、「週刊現代」の記事でした。

これをどう判断するのかは、それぞれの方が検証して判断をお願いいたします。

それとはまた別に、WEBの「現代ビジネス」のマイナンバーを扱った記事には、それとは全く別の方向からの分析や提言をされているものもありますので、↓こちらの記事もぜひご参考に。


■2分で分かる!マイナンバー制度Q&A
~いよいよ開始。いまさら聞けない8つの大事なこと
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/45790

■気をつけろ!ある日突然、あなたの家にもマイナンバーで「追徴課税」
特集!知っておきたいマイナンバー裏のウラ③
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/45885

■ふざけるな、マイナンバー!動くカネは4兆円以上、「完全なる徴税」のためだと?
役人がつくった、役人だけがトクをする制度
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/46010


■詐欺集団のマニュアルを入手!/週刊現代
あなたの「マイナンバー」が狙われている

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/45290


---------- 転載終わり


(管理人)

---------追記 11月2日

私が記事についての管理人コメントで

>これをどう判断するのかは、それぞれの方が検証して判断をお願いいたします。
と書いているにもかかわらず、、

非常に品行方正で正しい見識をお持ちのようなきっすぃーさんという方がわざわざ私が見に来てとか強制したわけでも誘ったわけでもないのにやってきて、しかも記事の大元の週刊現代でなく、私にわざわざ「こんな扇動をしたことで会社の事務手続きが煩雑になったらどうするんだ?」何か拒否をしたことで何かの被害があったらどうするんだ?

「扇動するな」と繰り返し脅しコメントをかきにきました。

すごいです。何様なんでしょうか?他人に命令してます。
しかもやんわり脅しまでかけてくれてます!苦笑

どうやら自分が非常に傲慢なことをやっていることに自覚がないようです。苦笑

こういうタイプというのは安定した公務員とか?工作員何か?多くの国民とは意識の解離のある状況であまり苦労を知らずに生きてきた人が多いように思うというか、コメントが軽薄短小で皮相的。あまりに理解度が浅薄(わざと?)そして上から目線。

「クレジット番号と同じに考えるのもどうかと思う」などといって、私が問題にしているセキュリティ上の問題の話を恣意的に挿げ替えて非常に事務手続き上無駄なツッコミを入れてくるという面白い人のようです?w

そもそも大元記事に言うべきと思うのに、たぶん「いいやすい」私宛に何度も言ってきています。しかもきっすぃーさんがおっしゃるにはマイナンバーは「単なる番号」というようなことを言っています。

なるほど、国民にとって何の意味もない単なる番号をつけるにあたって莫大な利権が動いて税金が投入されていると・・いうことですね。納得しますね。w
これからシステム維持管理のために益々税金が投入され一部の企業や関わる役人だけが潤うのでしょう。国民無視した不利益な制度としか思えませんが・・。


こういった腑抜けたコメントを寄せられると私の事務手続きが増えて困りますのでw このような工作員かまたは融通の利かない頭の悪い人のために断りを入れておきます。

これはマイナンバーを「拒否しよう!」という扇動でも「問題なく出来るという保証」でも「強制」でもありません。

この記事を読んで、その通りにするしない、拒否するしない?それが現実的かどうか?それもそれぞれ、人の状況によりけり、そして未知数だと思います。
(そんなのあったりまえのことですよ。なんでこれをいちいちいうのか?と思いますが。)

誰かの意見、提案をみて、そのままやったほうがいいかどうか??
誰かが何かを言うと、右に行ってみたり左に行ったりと・・
誰が正しい、間違えている?どうだなどと・・?
誰かに言われて仕事してるだけって割り切れば楽でしょうね。

自分で考えずに人の言いなりになっていたら自分で責任を取らなくて楽ですよね。
そういう考え方だときっすぃーさんのような意見になると思います。w

このマイナンバー制度が動物を管理するみたいに、番号を振り分けて背番号みたいにして管理するというこが人権的に問題がないのか?憲法違反にならないのか??
(そもそも、マイナンバーが出来たことそのものが企業の事務手続きが増えて煩雑になって、システムに関わる大企業以外は、経費もかかり事務も煩雑になっているのにですよ。こんな見切り発車でいいのか?不安ですね~)

など、色んな問題を多くはらんでいるとも思うので、根本的な問題としてあまり好ましくないという気持ちが私にはあるので拒否したい気持ちがあることから、こうした記事をもらってきた。とというのはあります。

しかしそれが現実的なのかどうかは?わかりません。

なにせこれが人のところで一元管理されてしまった場合に様々個人情報が紐づけされたうえで漏れたりなどしたらどうするんだ?しかも先に施行している米韓では7割も漏えいした上でなりすましなどの事件が起こり大問題となっているのに?不安はないのか??
未だ整備されていないことも多いということがあります。

そういう危惧もあるためにこうした話をもらってきているわけです。

何度もいいますが、拒否ることを強制しているわけではありません。w

勝手に強制されたとおもってコメントよこさないでください。きっすぃーさんみたいに。

-------------追記おわり





(管理人)

前にも話をしたかもしれませんが・・
マイナンバーとは全く関係ない話。

少し前、家に電話がかかってきました。

加入中のクレジットカード会社からで
「新しい保険が出来ました。そのご紹介です。」というものでした。

内容は、
「健康な人とは保険料は違うものの、過去に病歴があったとしても通院していても(?)保険に加入できる」というもの。「へ~?」と思いながら聞いていたのですが、営業の方はとても感じよくアナウンスしてきます。

「こちらから資料をお送りさせていただきたいのですが、その際、お尋ねしたいことがあります。
現在、腎臓病か何かのご病気をお持ちですか?」というものでした。

内心(バカ?)と思いながら、

私「それは個人情報なのでいいません。資料は要りません。」と答えると、

相手「え?あ、、そうですか・・・、では失礼いたします。」

だったのですが・・・
そんなね~?持病があるとかそういう個人情報をいきなりかかってきた電話の相手に向かって言うわけないと思いませんか?商売なら何をやっても許されるとか思っているのかな?


次に、こちらも電話営業で思い出したマイナンバーとは全く関係ない余談・・・

前に勤めていた会社では、某テレビ局の番組からということで、商品関連の知識や資料について尋ねられましたが、あまりに唐突でテレビ番組作成会社だからか?非常に軽く横柄なかんじがしたので、

「こちらがそれを言うことでクレジットか何か、うちの名前が出るのでしょうか?」
「企画書ありますか?」と尋ねると、「え?企画書ですか・・?」

とかなんとか言って、そのあと企画書みたいなものがエクセルで急ごしらえ丸出しのものが送られてきたのですが、まったくもって企画書の体を成していませんでした。

向こうも私が非常に面倒なやつだと思ったのか、途中で「もう結構です」と言ってきて終わりましたがw、しみじみ思ったのが、テレビ局(マスコミ関係)というだけでこちらが低姿勢になってチヤホヤしたりありがたがると思い込んでいる、その不埒な態度がとてもいただけなかったですね~。彼ら(テレビ関係者)はちょと(いやかなり)イイ気になりすぎてます。

みんな芸能人だと思ったら、テレビに出ているっていうだけでキャーキャー言ってみたり、喜んでみたりと・・アホ臭いことこの上なし(辛口?)

彼らは私らを愚民化するための道具として使われているに過ぎないので何処もなんとも偉くありません。メディアはとにかく私らを誤誘導するためのツールにもなっているので気をつけるにこしたことはありませんよね。と、だんだんアクが強くなる自分を感じるというか、この世相ではみんな次第におかしくなっていきますね・・・・・?