かばさわ洋平 BLOG様より転載
「環境省が福島で安心キャンペーンの嘘がバレるために躍起になって否定をしている」井戸川克隆氏
http://ameblo.jp/takumiuna/entry-11846904088.html


現在美味しんぼ鼻血描写が大きな関心が寄せられてます
漫画でも登場した元双葉町町長の井戸川さんがFBで現在も鼻血が出てるとその証拠写真をアップして、環境省の異様火消しや福島県庁の帰還促進キャンペーンに関して批判してます。



井戸川克隆さんフェイスブックページ
https://m.facebook.com/i8.katsutaka?fref=nf

今こんな気持です。
夕べから今朝にかけて鼻血がいつもより多いですね。何枚も写真に収めています、美味しんぼの漫画に環境省が異常なほど反応していますが、これは彼らが福島で安心キャンペーンの嘘がバレるために躍起になって否定をしているからです、嘘をついていなければ漫画がどうしたと平静でいられるものです。

如何に福島は危ないかを証明しているのは今の環境省です。

ウクライナ、ベラルーシでは福島のような高い放射性物質がある所には人は住んでいません。県民の避難を中断させたのは県民を守らなければならない県庁です、この非難を避けるために除染をすれば住めると言う事で収めようとしました。
しかしこの効果が出ないと住民から苦情が出た時に中間貯蔵施設が出来ないからだとまた嘘をつきました。それも進まないから今度は住む基準を引き上げて帰還させて事故処理を終わらせようとしています、この事で県民の承諾を取り付けたのでしょうか?

原発事故前の災害対策計画書には統合対策本部がありそこで決めて対応することになっていました、本当の事故が発生したら県は県で、国は国で決めるようにしました。それは何を意味するかといえば被害者の町村を参加させると事故の責任者の国と東電のシナリオが通らないと判断して都合の悪い事は表に出さないようにしているのです。

その結果福島で囁かれる言葉は「頑張ろう、風評被害、発災」で県民が自己責任でこの世界最大の放射の事件を小さく解決させようとされているのです、県民の皆さんは被害者なのです、大きな損害の被害者です、自分で想定しましょう自分の損害を、決して小さくありません。

国が賠償の範囲を決められません、公務員が個人の権利を冒してはならないのです。侵すと犯罪になります、このため賠償のエリアを決めれる人は存在しません。福島の人は(県外でも放射能の被害を請求出来ます)誰でもどこの人でも被害が有れば損害請求する権利が有ります。大事な事は事故前に人工放射能がどのくらい存在していたのか、事故後はどのくらいになったのか。

記録は有ります知りたい方にはお知らせします。
無かった物が存在していることが精神的な損害です、訳のわからない他人の学者がいくら安全だと言っても関係ありません。県内では発症するとかしないとかに目を奪われていますが関係のない話です、放射能があるために恐怖を感じればそれを他人が(行政や、企業が)いくら安全だと言っても主体者には成れません。美味しんぼの漫画は表現の自由です、取材を受けた者の内容を曲げて書くのはいけません。

むしろ一般のメディアの方が私の意見を丸めてしまい伝えたい言葉になっていないことの方が多いですよ、私は事故当時から被曝の問題を多くの人やメディアの前で言い続けてきました、誰も取り上げようとはしなかっただけです
そのため苦汁を飲んで悔しい気持ちでいました。もっと早く大きな争点になっていればあのように多くの子供の甲状腺被害を少なく出来たでしょう。私にも甲状腺にしこりがあります。

もういい加減にしたらどうですか県庁どの、県民の前に立ちはだかり県民の損害を妨害しない方が良いのではないですか?
今県庁が行っているのは県民の損害の請求権の妨害以外の何物で有りません。安心キャンペーンをすぐやめて非常事態宣言を出すべきです、国は責任者だから県民を守ることはしません。県民の人権を守るのは県庁の仕事でしょう。反論が有れば県庁は私に出して下さい。

――――――― 転載終わり


(管理人)
転載させていただきました。

現実に被害を被ったまともな生の声ですね。

周りがなんだかんだと騒いでいますが、現実に健康を害して被害を被っている方々の思いになってから話をするべきだと思います。外野が風評だのなんだの、命の前に金のことを持ち出して今、国がやっているのはただの目くらまし、責任のがれと、そして金のための棄民政策。東北、関東全域にわたり、、みなさん、事実上の低線量被ばくによる実験用モルモットとしても利用されているんじゃ?(言い過ぎかな・・・これも憶測ってことで・・・)

差別を生むとかいうけれど、確かに放射能を惧れる一部の人々のそういった人間としての自覚の無さ、相手の立場に立てない人間的なお粗末さを露呈している人も中にはいると思いますし、直接の話の中で、差別的な風に思われる・・・そういった方々に違和感を感じるところもあったこともあります。
でも、それはごく一部だと思います。

しかしそれをさらに加速、助長しているのは、他ならぬ大騒ぎをしている人たち、この国やゴルフ三昧の担当大臣とか・・?もっと賢いやり方があるだろうに・・と思うものの。
もし国がいうように何もないというのなら、この漫画自体も、「バカげたフィクション」として一蹴してしまえばいいだけ。騒ぎ過ぎ!

だからバカげたウソだと国民も思っていたら特に気にしないでしょうけれど、(どっかでウソだと知ってるから)なんとかテレビや芸人やスポーツ選手で目をそらし作戦が功を奏して、やっとこさそのウソを信じてくれるようになってきたのに、、そこを刺激するな!と言いたいわけですよね?

よく、ウソを言う人が嘘がばれそうになったりすると、怒って逆切れするのと同じで、こうして大騒ぎしてバッシングしてしまう。すなわち=美味しんぼでの話は本当なのだ。ということを自ら証明してしまっている!というという・・・苦笑

むしろ声高に取り上げ、必死になってあーだこーだというものだから、あまり考えなくなったり、さほど知らなかった人たちも、「え?そこまで必死になるのは、もしや本当のことだから?」だなどと気づいてしまうわけです。よかったですね。

実際、美味しんぼの作家の方は福島に赴いてしっかりとした取材をされての漫画であり、どこかのウソメディアよりも余程現実を捉え、まっすぐに描いているのだそうです。

しかしググってみても、美味しんぼの漫画家さんがまるで風評被害の大地主みたいに言われるものが多くヒットしているのを見ると、やはり検索窓にも検閲や工作員や、偏向的な傾向があるのだというのを思いますね。

それにしても、この日本のウソをウソで塗り固める異常さ、それにのっかる多くの国民たち?のこの上滑りな感覚もすごいのかも、、隣の人と同じ顔をしないといけないという・・。

自由な言論がこうして弾圧されているという事実。実際、これは今に始まったことでもなく、暗に今までも、「最大の悪は儲け(金)を妨害すること」というような風潮があったと思います。
経済至上主義のなれの果てが、今の日本、いや世界の、この物騒であまりに煉獄とでもいうような、人間同士に本質的信頼もなく、国同士の利益と覇権争いに明け暮れる獣じみた争いに拘泥する惑星。

どこまでも洗脳されたままで支配されたまま。
そして支配する者たちも、他人を騙す以前にもう自分が騙されてしまっている。そのことにも気づかないまま、じわじわと、人類そのものが滅亡に向かっていることにも気づけないというあまりの愚かさに・・。
そして自分の無力さにも脱力しながら、、

いつになったらこの地球人類はまともになるんでしょうね~?
何度失敗したらここから、脱却できるんでしょうか~?

そういえば、本日は「511」ですね。
いや~地震とか災害とか、、なければいいのですが・・
連日のケムの件もありますので、警戒しておいたほうが良いと思います。

あ、そういえば本日はイスラエルのネタ・・・さんがいらっしゃる日でした。としたら、関東地区では災害は無いでしょうね・・むしろこのお客様ご自身が災厄と、、いうことでしたか・・。