娘はなぜ中学1年生で勉強するのをやめたのか:前編 | 娘が今夜も眠らない・・・ ~放校まであと1年!?~

娘が今夜も眠らない・・・ ~放校まであと1年!?~

思えば赤ちゃんの時から兆候はありました。
睡眠相後退症候群? 過眠症? 発達障害? ST気質?  
つまずきっぱなしの娘は果たして何モノなのか・・・。
知識ゼロの母親が子育ての失敗を振り返りながら、一から勉強していく備忘録のブログです。

1/20の【眠らない娘・・・中学校編 】でもご紹介させていただきましたように、娘は受験を終え中学校に入学した途端、勉強をしなくなりました。

それでも、中学1年生になって最初の1学期は、まだ全くしなかったわけではありませんでした。
成績は上位1/3くらいの位置にはいたので、私も
「まぁまだ先は長いしね」
と気楽に構えていました。

ですが夏休みを境に、娘は全く勉強をしなくなりました。


その主な原因を、「受験が終わったとたん時間を持てあました娘が、ゲームやイラストを描くことにのめり込んでしまったためだ」と当時の私は考えていました。

小学生の時には気が付かなかったけれど、娘は実は努力が嫌いな怠け者で、ひとたび楽で楽しいことを覚えてしまったが最後、わざわざ努力してまで楽しいわけでもない勉強をしようとは思えなくなってしまったのだ、と。


娘は、2年生になれず高校を中退した後の1年間、昼間は高認試験に合格するための学校に通い(2/3の記事参照)、夜は家の近くにある中規模の学習塾に通っていました。(このあたりはまだ記事に書けていませんが)
市内の各学区には公立高校が5~6校ずつある中、主には1番目から2番目のランクの公立高校の生徒さんたちが通っている塾です。

そこでの小テストだけでなく、それから数年後、希望の大学に落ち続け学部も変更して何とか入学することができた大学での科目ごとに行われた試験でも、娘はずっとトップクラスの成績を修めていました。
そしてそのことを、娘はとても嬉しそうに家族に報告してくれていました。

そんな姿を見て、私は
「なまじっか進学校に入学してしまったばかりに、まわりが優秀な人たちだらけの中で娘は自信を失い、勉強する気がなくなってしまったのではないだろうか。それもこれも、私が身の丈に合わないレベルの高い中学を選んでしまったせいだ」
と初めて気が付き、自分を責めるようになりました。


確かに「中学受験をしたい。N塾に通いたい」と言い出したのは娘からでした。
が、入塾が5年生の2学期からと周囲より遅かったこともあり、早くみんなに追いつかなくてはと、私は娘の勉強の手助けを始めました。
勉強のスケジュールを決めたり、間違った問題に印をつけてやりなおさせたり。

ですが中学入学後に知り合った同級生の女の子たちは、中学受験の勉強は自分一人でやり、親はほぼ介入していなかったという子がほとんどでした。
みんな娘と比べると明らかに大人びていて、この前まで小学生だったとは思えないほどしっかりしていて自主性と強い意志を持っており、娘とのあまりの違いにとても驚いたことを覚えています。


よく、「中学受験は親の力」という意見を聞く一方、「親に勉強をさせられて中学に入った子は伸びない」という記事を目にすることがあります。

私も夫も中学受験を経験していません。まわりにも中学受験をした同級生はいませんでした。
そのくせ真剣に情報を集めて中学受験というものを研究をしなかったせいで、勉強のさせ方も娘の学校選びも、何もかも間違ってしまったのではないか。
私が勉強を管理するべきではなかったし、ちゃんと娘の性格を把握して娘に合う、また能力的に余裕があるくらいの学校を選んでいたら、自信もやる気も失うことなく、最終的に中退という結末に至ることも、娘につらい思いをさせることもなかったのではないか――。

そう、とてもとても後悔しました。


その一方、数年前、私は偶然にも娘と同じ中学・高校に通っておられたあるママさんと知り合いになりました。
その方は娘とは違い立派に超一流大学を卒業され、現在小学生の娘さんと息子さんの子育ての真っ最中なのですが、どちらかというと「大学受験は本人の力、でも中学受験は親の力」という意見を持っておられるようです。
そして、一般的な習い事(公文やスイミングや英会話、ピアノなど( ←ピアノとそろばんと習字が三種の神器だと思ってた私とは違うアセアセ))は幼稚園から開始し、小学校3年生の3学期になった時点で英会話以外はすべて辞め、お受験用の塾に通う、という方針を実践しておられました。

ちなみにその方自身の中学時代はというと、授業についていくために入学直後から2つの塾をかけ持ちしておられたそうで、そのあたりも私は考えが甘かったな・・・と思いました。(←今は、そういう問題ではなかったことを知っていますが。)

(余談ですが、その方は、勉強、勉強、としめつけの厳しかった母校が好きではないらしく、別の、もっと自由だけれど優秀な中学に娘さんを進ませたいと考えておられるようです💦)



そんな娘に対する申し訳ない気持ちを抱きつつも、『親』という絶対的な上の立場からガミガミ怒ってばかりだった私ですが、今回の”連続2留”をきっかけに、
「もしかしたら娘はADHDではないか?」
と疑うようになったこともあり、これまでの自分の姿勢を改めなくてはならない、と考えるようになりました。

そして今までのことを娘の立場からも客観的に振り返るために、彼女からいろいろ話を聞いていく中で、
「どうして中学に入ってから勉強するのをやめたのか」
についても訊ねてみたのです。



それに対する娘の答えは、次のようなものでした。

・ゲームやイラストなどオタク趣味を覚えたことが直接の原因ではない。
・一番大きかったのは、モチベーションが下がったこと。
・小学校5年生で転校してくるまでは、たいして勉強をしていなくても、ずっとクラスで1番が当たり前だった。
・なのに5年生で転校してきたとたん、同じ公立小学校なのにまわりがみんな優秀で驚いた。自分がダメになったように感じた。
・みんなが塾に行っていることを知って、自分も行きたくなった。
・塾に通い始めたらまたすぐにクラスで1番になり、塾でもトップクラスに入れた。
・目の前に「中学受験」という分かりやすい目標があり、テストも頻繁にあったし、お母さんに見張られてもいたので、何の苦痛もなく頑張れた。
・でも中学に入った途端、周囲がこれまでとは比べものにならないくらい優秀になった。
・「だったらもう自分が頑張る必要はなくね?」と思った途端、モチベーションが全くなくなった。
・オタク趣味を覚えたせいも少しはある。
・いつも眠かったせいもある。
・生まれてからずっと眠かったが、みんなも同じだと思っていた。他のみんなが居眠りをしないのは、その眠気に耐えるだけのモチベーションがあるからだと思っていた。
・中学は進学校だったので、授業中に居眠りばかりしてスタートダッシュで遅れてしまったら、二度とついて行けなくなってしまった。
・モチベーションがなくなったら眠気にますます勝てなくなり、その上努力もしないしできないし、提出物も出せなくて、どんどん状況が悪化していった。
・当時は自分の中でも眠気のせいにしていた一方で、はっきりと言語化できてはいなかったものの、根本的な問題は自分が怠け者なせいだということに気が付いてはいた。
・ただどうしてここまで怠け者なのか、頑張りたい気持ちはあるのになぜどうしても頑張れないのか、自分でも理由が分からなくてモヤモヤしていた。





眠いこと。
努力ができないこと。
提出物ができないこと。
そんな自分に対して娘が抱えていたモヤモヤについても、『睡眠障害』や『発達障害』が根本にあるとしたら、ある程度説明がつきます。
(注意:受診も診断もまだですケド)

ですが娘自身が”一番大きな原因”として挙げた「モチベーションの低下」、これは果たしてそれらの「障害」のせいにできるものなのでしょうか。
簡単にそのせいにしてしまって、構わないのでしょうか。
「障害」のせいではなく、娘の性格や考え方自体に問題があるのでは?
何より、同じことが現在留年を重ねている原因につながっている可能性はないのでしょうか?




「後編」では、その点について考えてみたいと思います。
(少し自分への課題もありますので、ちょっとだけお時間をいただくことになるかも・・・申し訳ありません🙏)