一口バブルはますます勢いを増し、出資馬確保がなかなか難しい。シルクとキャロットで思うように出資できなかった場合のことも少しは考えておきたい。


シルク・キャロットで頭数確保だけが目的なら、一次募集で満口にならない馬に申込みをかければいいが、それはあるべき姿ではない。昨年は出資馬引退が相次ぎ、頭数確保を意識したが、今年はある程度頭数が揃っていることから、極端に人気する馬は避けつつも、欲しい馬を申込むスタイルへ。抽選頼みの部分もあり、シルク・キャロットドラフト終了時に出資馬ゼロの可能性も。そうなった場合にノルマンの出資を増やすのかクラブを増やすのか。現状の3クラブ体制は今後も維持したいところだが、現況からもう1つ増やすことも選択肢として考えておきたい。


まずはシルクで2頭確保したいところだ。