今回で3回目となるユニオンアウトドアフェスティバル2021のレポートブログですが、この記事がラストです。


NOWEST CAMPブースで今回行った企画、①物販、②ラッキーチャレンジくじ、そして③シルクスクリーンです!




今回、当店のアウトドアモンスターもデザインしていただいたoutdoor design unit LOCKさんをはるばる仙台からお招きし、初の生刷り会を開催していただきました。

風と雨が天敵となるこちらのイベント、両日共に天候にも恵まれ、大盛況の結果となりました。



シルクスクリーン出来る絵柄はNOWEST CAMPオリジナルモンスターwest-hunterを含む全18種類。
もちろんwest-hunterについてはNOWEST CAMPとのコラボ開催限定ですので、その他の生刷り会では入れることは出来ません。



デザイナー自らがお客様の大切なギアに丁寧にシルクスクリーンを施して下さりました。

まるでレントゲンの撮影時のように息を殺して型枠を押さえます。



無事にプリントがアイテムに乗るとホッと一息つくと同時に感極まります🤗🤗🤗
あとはドライヤーでしっかり乾かしたら完成、世界に一つだけのアイテムの出来上がりです。



我々も自分達の仕事の傍ら、ちょこちょこと様子を覗かせていただきましたが、お客様がwest-hunterをチョイスして下さっているのを見るとニヤニヤしておりました。



コロナ渦のなか、どういう体制でお客様に楽しんでいただくか、それが今回はかなり難しいポイントになりました。

本来ならば時間指定の前売り券を販売する、というのが一番簡単だったのですが、ユニオンアウトドアフェスティバル自体も前売り券を販売しているうえコロナの動き次第では開催出来るのかどうか、ギリギリまでわからない。

シルクスクリーンを目的としたお客様はイベントの前売り券、シルクスクリーンの前売り券、それぞれを購入しなければならないうえ、仮に中止になってしまった場合は2つの払い戻しが発生してしまう。
そうなるとお客様へ多大なご迷惑をおかけしてしまうことになる、正直我々としてはその事態を最も恐れておりました。

打開策として、当日のイベント開催30分前に時間指定の整理券をお配りする、という形を取りました。

基本一人作業となるので時間指定枠は1日あたり7枠限定(一組30分)と事前案内していたこともあり、両日共に整理券配布の並びは7組づつちょうどとなっており、大混乱になることもなく内心ホッと致しました。

早朝の整理券配布に間に合わない遠方のお客様などのことも踏まえ、午前と午後にフリータイムを設け、その時間内はどなたでも自由にプリントしていただけるようにしましたが、そちらも大混雑するような事はなく、皆様和気あいあいと楽しんでいただいている様子にこちらも笑みがこぼれました。

もっとスムーズな良い方法もあったのかもしれませんが、ひとまず大きな問題も発生せずより多くのお客様に楽しんでいただけたのではないでしょうか。
もちろんこれで満足するのではなく、次回はさらに改善を思案し、よりwithコロナ時代にふさわしいやり方を模索していきたいと思います。



そんなこんなで大盛況いただいた企画③のシルクスクリーン、実は我々スタッフもプリントしていただきたくウズウズしており、イベント終了時間にちゃっかりお願い致しました。




大成功となった生刷り会も無事終了し、イベントにご参加下さった沢山のお客様、ならびに仙台からはるばるお越し下さったLOCK様にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。

次回のLock×NOWEST CAMPの生刷り会は今のところ未定ですが、計画が持ち上がり次第各種SNSや本ブログにてご案内させていただきますので是非チェックをお願いいたします。


3回に渡ってユニオンアウトドアフェスティバル2021NOWEST CAMP企画をレポートさせていただきましたが、記事をお読みいただきありがとうございました!!!
今回イベントにご参加出来なかった方、記事を読んで、来年行こうかな、なんて思っていただければ幸いです。


それでは皆様、来年のユニオンアウトドアフェスティバルでまたお会いしましょう🎵🎵



special thanks
・unionoutdoorfestival


・outdoor design unit LOCK



home