昨今のキャンプブームは未だ収まることを知りません。

私の見解では、当然熱狂的なブームはいずれ収まりをみせるとは思いますが、今後はこのキャンプスタイルというのが文化として根付いていくのではないでしょうか。

まるで欧米のようにキャンプは手段やアクテビティとして当然のものとなり、それはキャンピングカーに派生したり、今流行りのオーバーランドスタイルに派生したり、《旅》をテーマにした自由なキャンピングスタイルが確立されていくことでしょう。

もちろん、一部のコアな方はすでにそんなスタイルを確立されておられますが、もっともっとメジャーなスタイルになっていくことでしょう。



そして、以前にもお話したようにキャンプに合わせたアウトドアアクテビティがさらに盛んになっていくのは明白です。
例えばそれはフィッシングであり、トレッキングであり、カヤックであったり。
さらにサーフィンやスノーボードなど横のり系のスポーツにも同じことが言えます。

その証拠に、各ジャンルの専門雑誌などでもキャンプスタイルを特集しているのが嫌でも目に入ります。



これは文化として素晴らしいことである反面、マナーやルールを各自が再確認する必要性があります。
キャンプにはキャンプのルール、フィッシングにはフィッシングのルール、サーフィンにはサーフィンのルールが当然あります。
また、アウトドアアクテビティということで、その土地ならではのルールというのも存在するエリアがあります。

せっかく楽しみにいくのに怒られたり、揉めたり、最悪は事故にあったりなんてしたくありませんよね?


そのためには新たなアクテビティを始めるとき、新たなフィールドを訪れるとき、ルールやマナーを再確認することが非常に大切になってきます。

コロナ渦が後押しし、アウトドアが盛んになってきた現在、一人一人が責任をもってアウトドアを満喫できるといいですね!



アウトドアアクテビティが皆様の人生をより豊かにしてくれますように🤗