コロナウィルス | ロシア大好き

ロシア大好き

高校生の時からの憧れの国、ロシア。
ついに、ロシアで生活を始めました。
よろしくお願いします。

小学校の同級生がこの徳山あすかさんの記事を見つけて教えてくれた。

 

ちなみに、小学校の同級生はロシアとは全く縁がないが、

私がロシア人と結婚したことにより、

日々ロシアのニュースを見るようになったらしい。

 

私は徳山あすかさんと面識はないが、

彼女がロシア人に取材しているのを間近で2回見たことがある。

 

ロシア人が、中国から避難してくる様子は、

ニュースでも報道されていて、

軍用機で来たのは知っていた。

 

この軍用機は、2011年の東日本大震災の時に、

真っ先に救援に来たロシアの軍用機だから、

ニュースを見ていて見覚えがあった。

 

しかし、軍用機のため、トイレがないということと

給油のためにシベリアの-30度のところに一時降ろされたことは初めて知った。
-30度なので、温かい紅茶も暖かいピロシキも一瞬で冷え、

冷たい紅茶と半冷凍のピロシキになったようだ。

それでも、ロシアに到着したロシア人は文句を言っていなかった。
機内だって、軍用機だから、倉庫みたいな感じで、

快適な乗り心地という風には見えなかった。

 

また、隔離施設も2人部屋。

「トイレもお風呂もあって、生活に必要なものは何でもあり満足している」と

ロシア人はインタビューに答えていたが、

日本人なら文句が出そうなところだ。

また、果物が1日4回も出ると喜んでいた。

 

日本は警察学校の施設にテレビがないからと

移動したようだが、ロシアの隔離施設にもテレビはない。

しかし、Wi-Fiがあるから、それで十分とロシア人は満足している。

 

おそらく、ロシアは、軍の機密情報として、

緊急時にどう対応するかということは徹底していると思う。

この徹底的な対応のおかげで、

庶民は感染することなく生活できている。

 

しかし、中国人観光客が来なくなった現在は、

お土産屋さん、ホテルなど支障が出るところもあると思う。

 

また、中国人が来ないからと

博物館と美術館の外国人料金を値上げしたところもあるらしいから、

このことに関しては、私は戦う。

 

さらに、極東(ウラジオストクやハバロフスクなど)では、

野菜の値段が高騰しているとニュースでやっていた。

もともとロシアは寒冷地なので、

冬になると輸入に頼る部分が大きく、

野菜の値段は夏よりも高くなる。

それが、今回のコロナウィルスの影響で、

極東地域は中国産に頼っていたため、

値段が恐ろしく高くなっている。

ダーチャがある人は、夏のうちに保存食を作っていたり、

夏に収穫した野菜が残っていたりして

何とか乗り切るだろうけれども、

レストランなどは経営が成り立たなくなるところもあるだろうなあと思った。

これは、ロシアの話だが、日本は食料自給率が本当に低いから、

もっと影響が出るのかなとも思う。

備えあれば患いなしだから、

私はまたせっせと節約する。

 

また、別の日本の友達からのメールでは、

今は仕事と自宅の往復だけで食事会とかも控えているということだった。

なんだか、東日本大震災直後の外食控えみたいなものが、

現在も起こっているのかなと思った。

ロシアの経済も心配だが、

日本の経済も影響が出るような気がした。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ