翌8月4日、私は江部康二氏の示したリンク=「栄養療法に関する声明」(以下、「声明」)

について、自分で翻訳することを一旦あきらめ、訳文を掲載した記事を探していた。

 

すると。。。あ、あった!

2013年10月17日のブログ記事「Nice Body Make・・・よもやま話」 これで勝負ができる!

 

さて、江部氏の回答では、まず、長文の「声明」の中から、

一部を原文のまま抜粋して示されていた。

 

この部分の要約として、江部氏は
「ADA(米国糖尿病学会)は、・・・いろんな食事療法があってよいという立場です。」
と述べている。この要約には問題はない。

 

江部氏は続ける。

「その上で、最も代表的な

<糖質制限食、地中海食、ベジタリアン食、低脂肪食、高血圧食>を
きっちり研究・評価してみたというスタンスです。」

と述べている。この要約にも特に問題はなさそうだ。

 

しかし、江部氏はADAが「研究・評価してみた」というが、その結果については

何も述べていない。

 

評価結果がわからないのに、ADAが「『糖質制限食』を正式に認めた」というのは

おかしな話だ。

 

では、ADAの評価はどうなっていたのだろうか?
それは「声明」の中で、江部氏が引用しなかった文章の中にあった。

 

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

 
糖尿病ランキング

 

Nice Body Make・・・よもやま話 

糖尿病も3ヶ月で完治するダイエット

あらいやだ、糖尿病だわ - 糖質制限ノート