そうこうしているうちに、「糖尿病ネットワーク」の記事

 

「発症後10年以内なら・・・蓄積した脂肪を減らすだけで、糖尿病が「治った」

と同じ状態を維持できる」

 

という記事を見つけた。

 

お、10年以内か、自分は丁度10年ぐらいだから可能かもな!と思った。
それで治せる可能性を信じて、頑張り続けた。

 

しかし、それから1年以上経ってわかったのだが。。。

実は、その時既に罹病後13年ぐらい経っていた(糖尿病手帳を作成していて気づいた)。

 

もしもその時、既に13年経っていたことを知っていれば、うーん、どうだっただろう?

 

まあ何はともあれ、私は持ち前のいい加減な性格のせいで、完治への道が
困難であることを十分認識しないまま、がむしゃらに進んでいった。

 

しかし最近思うに、長期的な見通しや治癒の可能性とかは専門家でも
よくわかっていない分野なのかなあと。

 

テイラー教授にしても、10年以内なら可能と言ってるけど、

10年以上経つと不可能とは言ってないし。

 

どっちにしろ、わからんのなら、やってみて損はない。
自分が事例のひとつを作ればいいんだべ。

 

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

 
糖尿病ランキング

 

Nice Body Make・・・よもやま話 

糖尿病も3ヶ月で完治するダイエット 

あらいやだ、糖尿病だわ - 糖質制限ノート