新井 紀子氏の新刊「AIに負けない子どもを育てる」です。

 

前著「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」は、ヒット作になりましたが、その続編です。

 

AIが苦手とする読解力を人間が身につけるにはどうしたらいいのか、読解力向上のために親、学校、個人ができることを提言したそうです。

 

読解力がないと特許調査もできませんので、所員の採用や教育にも役立つと思い、自分もこの書籍を発注しました。

AIに仕事を奪われない!
読解力アップの実践法

日本中で騒然の書『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』、待望の続編

AIが苦手とする読解力を人間が身につけるにはどうしたらいいのか?

読解力向上のために親、学校、個人ができることを提言
小学校・中学校で実際に行われて成果をあげている授業・取組みを公開!
大人が読解力を身につける方法も明らかにする

あなたは大丈夫? すぐにできる「体験版リーディングスキルテスト」収録