昨日、司法試験の合格発表がありました。

 

今年は1,504名が合格し、合格率は33.63%であったとのことです。

 

法曹の魅力が薄れ、法科大学院への入学者も減っていると思われていました。

しかし、今春は志願者、入学者とも増加したとのことです。

https://mainichi.jp/articles/20190910/k00/00m/040/242000c

「予備試験」通過の合格者は315人、合格率は81.82%

 法務省は10日、今年の司法試験の合格者を発表した。受験者4466人(昨年比772人減)に対し、合格者は1502人(同23人減)で、いずれも新試験に完全移行した2012年以降の過去最少を更新した。合格率は33.63%(同4.52ポイント増)で過去最高となった。

 合格者の平均年齢は28.9歳で、最年少は20歳、最年長は65歳だった。法科大学院を修了した合格者は1187人で合格率29.09%。一方、法科大学院を修了しなくても受験資格を得られる「予備試験」を通過した合格者は315人で合格率は81.82%となり、例年と同様に法科大学院修了者を大きく上回った。性別では男性1136人、女性366人。

法科大学院別、慶大152人と最多、東大、京大、中大、早大が100人超

 法科大学院別の合格者は慶応大が152人と最多。ほかに東京大、京都大、中央大、早稲田大の4校が100人を超えた。合格率は京都大62.69%、一橋大59.82%、東京大56.30%の順だった。

 

 

 合格率の低迷を背景に、法科大学院の入学志願者数は04年の制度創設以来、減少傾向にあった。だが、志願者数は今春は前年より増加し、入学者数は1862人(昨年比241人増)となった。【村上尊一】

 

 

ただ、日経によれば、志願者減のテコ入れのため、5年で修了できる法曹コースが検討されているとのことです。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49633500Q9A910C1CR8000/

合格率の低迷などで法曹を敬遠する傾向が続いている。法科大学院の志願者数は初年度の04年度の7万2800人をピークに減少し、19年度は9117人。前年度の8058人からは微増したが、人気低迷が続き、学校も最も多い時期の74校から現在は36校まで減った。

てこ入れのため政府は19年6月、大学法学部・法科大学院を計5年で修了できる「法曹コース」を20年度から創設。大学入学から法曹資格取得までの最短期間を現行の8年弱から6年に縮め、時間・学費の負担を減らす狙いだ。文部科学省によると、47の大学が関心を示しているという。