ハーバードとMITの見学

テーマ:
今日(5/21)はINTAには参加せず、ハーバード大とMITを見学しています。仕事ではなく、全くの観光です。

こちらはハーバード大学。皇后陛下(雅子さま)も学ばれたキャンパス。18世紀の雰囲気が残っています。

どこか北大のような雰囲気もあります。


ロースクールも同じキャンパスにあります。

ハーバードビジネススクールは、少し離れた川沿いにあります。



こちらはMITハーバードから地下鉄で2駅。


広大なキャンパスです。都市部にビル状のキャンパスが点在していて、東京理科大に少し似ています。




MITミュージアムも見学。


アメリカは物価も高いですが、やはリ非常に豊かです。
他国から才能ある人たちがやって来て、さらに豊かになる。
一方、中国は人口が圧倒的で人材の裾野が広い。

日本がアメリカや中国と同じことをしても、勝ち目はないでしょう。
AI、自動運転、5Gのような分野を後追いするのではなく、ガラパゴスになっても独自の道を進むべきと感じます。
知財戦略についても、アメリカとは全く違うやり方が必要なはずです。

アメリカ、中国と同じ土俵に乗ってはダメです。