会社法や不競法関係の電子書籍です。

 

取締役・執行役・従業員の競業避止義務(会社法、不正競争防止法、労働法、民法)について、条文・学説・判例に基づいて、詳しく解説しているとのことです。

 

取締役・執行役・従業員の競業避止義務(会社法、不正競争防止法、労働法、民法)について、条文・学説・判例に基づいて、詳しく解説しています。

目次
第1章 取締役・執行役
第1節 在職中の場合
第2節 退任予定の取締役による従業員の引き抜き
第3節 退任後の競業避止義務特約
第4節 営業秘密
第5節 競業取引に関する裁判例
第2章 従業員の場合
第1節在職中の従業員の競業避止義務
第2節 在職中の従業員の競業取引に対する対策
第3節 懲戒解雇
第4節 退職後の競業避止義務
第5節 退職後の競業避止義務の不法行為責任
1 最高裁平成22年判決
2 学説
3 裁判例
(1)不法行為の成立を肯定した裁判例
(2)不法行為の成立を否定した裁判例
(3)分析
第6節 競業避止義務と退職金の減額・不支給など
1 競業避止義務
①判例の傾向
②競業避止義務ヘの違反に対する会社の法的措置
(ⅰ)総論
(ⅱ)既払退職金の返還
(ⅲ)退職金の減額・不支給
(ⅳ)損害賠償
(ⅴ)差止請求
(2)退職後の同種の事業を含む新会社設立の準備に在職中に積極的に関与
(3)同業他社に転職、集団退職
(4)同業他社への就職
2 データの競合他社への移動や消去等
3 競業
第7節 従業員の場合の下級審裁判例