今日の午後は政策研究大学院大学で開催された知的財産マネジメント研究会(Smips)に参加していました。

テーマは、「STARTUPs×知財戦略」政策までの道のりでした。

 

特許庁がこのような取り組みを始めた理由が良くわかりました。

今までスタートアップのコミュニティに、特許庁など知財関係者が入り込めていなかったことも、理由の一つとのことです。

 

また、バイオベンチャーとITベンチャーの知財に関する温度差もあるとのこと。

ITでは製品サイクルが短く、特許の回避も比較的容易なことから、まだまだ知財意識が高くないというお話もありました。


また、M&A等のデューデリジェンスでは通常、知財も評価項目に入っているが、知財リスクがイエローないしレッドでも、買収が進められるケースがほとんどというお話が、オーガナイザーの弁護士さんよりありました。

 

知財アナリスト講座やIPランドスケープで言われていたこととは、正反対です。

自分は以前から特許情報を用いたM&A探索というのは、物事の一部しか見ていないように思っていましたが、やはりという感じです。

 

要するに、経営者は知財が重要ではないと考えている訳ではなく、他にも重要な経営課題が多々あるということです。

知財や法律・技術は経営の一部でしかありません。そこに注目しすぎるのは、木を見て森を見ないということでしょう。

http://www.smips.jp/prinfo/%E7%AC%AC202%E5%9B%9E%E7%9F%A5%E7%9A%84%E8%B2%A1%E7%94%A3%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A%EF%BC%88smips%EF%BC%89/

★15:00-16:30 全体セッション
    テーマ:「STARTUPs×知財戦略」政策までの道のり
    講師:松本 要 様(特許庁審判官/デザイン経営プロジェクトチーム)
    ※ 知財キャリア分科会(上條由紀子)ならびに法律実務(LAP)分科会(足立昌聡)による企画です
 
 今回は、特許庁審判官/デザイン経営プロジェクトチームにご所属の松本要さんにお越し頂き、『「STARTUPs×知財戦略」~政策までの道のり~』というテーマでご講演頂きます。
 また、全体セッション後半では、インハウスハブ東京法律事務所代表弁護士の足立昌聰さんにもご登壇頂き、オーガナイザーも含めてパネルディスカッションを行います。


●ご講演者プロフィール:
松本要(まつもと・かなめ)様
2001年特許庁入庁。特許審査及び審判に携わる一方、清華大学(北京)材料学院に留学、その後は、特許庁国際政策課にて中国等との知財関連の政府間協議等に従事。2014年、経済産業省 紙業服飾品課総括補佐としてセルロースナノファイバーなど新素材のイノベーションや服飾品業のブランド戦略等に係る政策立案を担当。2017年より特許庁企画調査課企画班長として、スタートアップ&オープンイノベーション関連施策の新規立ち上げを主導した。
 

●ご講演者からのメッセージ:
このたびのSmips全体セッションでの講演では、「なぜ特許庁がスタートアップ支援に取り組み始めたのか?」「立ち上げに携わった者がどのような経験・キャリアを経てどのような想いで取り組んでいるのか?」についてご参加の皆様に少しでもお伝えできると嬉しく思います。当日はどうぞよろしくお願いいたします。
 

●参考URL
★スタートアップの知財コミュニティポータルサイト「IPBASE」 

https://ipbase.go.jp/ 

★特許庁における「デザイン経営プロジェクト」の実践レポート(経済産業省)

https://www.meti.go.jp/press/2019/04/20190404002/20190404002.html