今週の週刊東洋経済は、キャッシュレス決済が特集のため、購入しました。

弊所でも、相談料等を現金で払う方がたまにおられるので、QRコード決済を導入したほうが良いのか情報収集はしています。

 

しかし、既にPayPay、楽天Pay、LINE Payなど有力サービスが展開されており、今から参入しても遅すぎると思っています。

 

クレジットカードも、VISA、Master、JCB、AMEX、Dinersの5社以外は、ほとんど聞きません。

他は、Discover銀聯とのクレジットカードがある程度です。

 

ペイペイ、楽天ペイ、LINEペイ……。各社が積極的なプロモーションを仕掛けている。いま、ネット関連、小売り、銀行、通信などあらゆる企業が、スマホ決済市場になだれ込んでいる。キャッシュレス市場の覇者はどこか? 各社の戦略と動きを詳しくリポート。

●勢力図で一目瞭然 スマホ決済 各社の戦略
●ペイペイ、楽天ペイ、LINEペイ 有力3社のキーマンインタビュー
●個人商店にもスマホ決済は必要? 戸惑う導入現場
●ロイヤルとプロントが導入 「現金お断り」店舗の理想と現実
●これで簡単理解! キャッシュレスQ&A
●手数料の高さがやり玉に クレジットカード会社の苦悩
●ペイペイ、楽天ペイにどう対抗する?
 (1)銀行 メガ・地銀が繰り出す一手
 (2)通信 ケータイが狙う新機軸
 (3)流通 リアル店舗の強みを生かす
 (4)交通 侮れぬ「スイカ」の潜在力
●レジ周り機器 決済端末でも大競争


【第1特集】狂乱 キャッシュレス
スマホ決済 勢力図 複雑に絡み合う各社の拡大戦略
有力3社のキーマンを直撃 ペイペイ/楽天ペイ/LINEペイ「我が社の勝ち残り戦略」
本当にQR決済は必要? ブームに戸惑う個人商店
ロイヤルとプロントが開始 「現金お断り」店舗の理想と現実
現金主義の人にもわかる! キャッシュレスQ&A
手数料の高さがやり玉に クレジットカード会社の苦悩
対抗馬
1銀行 メガ・地銀が繰り出す一手
2通信 ケータイ会社が狙う新機軸
3流通 リアル店舗の強みを生かす
4交通 侮れぬSuicaの存在感
お店のレジ周りに不可欠 激化する決済端末競争