本日、事務所のメルマガNo.47を発行しました。

 

Japio YEAR BOOK 2018、知財のセミナー、弊所の求人を採り上げています。

https://archives.mag2.com/0001621127/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成31年1月7日

            知的財産と調査
                            第47号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 本メールマガジンでは、

 弁理士である著者が、知財に関するニュース、セミナーの情報、書籍の
 紹介の他、特許調査等で役立つ実務上のテクニックをお伝えします。

----------------------------------------------------------------------
■新年明けましておめでとうございます。
弁理士の角田 朗です。メルマガを第47号を発行しました。

本号のメニューは以下になります。
本号もよろしくお願いいたします。

■Japio YEAR BOOK 2018
■知財のセミナー紹介
■弊所の求人募集
■編集後記
___________________________________

■Japio YEAR BOOK 2018
___________________________________

年末にJapio YEAR BOOK 2018がホームページで公表されました。
http://www.japio.or.jp/00yearbook/index.html

特許・情報フェア会場で冊子をもらった方もおられるかもしれません。
特許情報に関する数少ない論文集で、特許庁の関係者が多数寄稿していること
が特徴です。

内容的にはややマンネリ化してきているようにも感じますが、私個人としては、
以下の4つの論文が参考になりました。

 

「特許分類に関する最新動向」
「J-PlatPat の改善について」
「PATENTSCOPEによるASEAN特許調査概要」
「ASEAN特許調査環境の新たな変革」


「特許分類に関する最新動向」では、IoTのファセット分類記号ZITに倣って、
IPCにおいてもIoTを横断検索できるコード新設を提案しています。

概念検索、類似検索等の普及で、検索を上手く出来る方が年々減っているように
感じています。

世間の喧噪とは異なり、AIやIPランドスケープに関するものは、それほど参考
にはならないと感じました。
___________________________________

■知財のセミナー
___________________________________

年始から年度末にかけて、数多くのセミナーが開催される時期です。
その中から、いくつかを紹介します。

1.平成30年度意匠制度の改正に関する説明会
https://www.omc.co.jp/isyou2019seminar/

意匠審査基準改訂の方向性に関して、主に(1)願書及び図面等の記載要件の
簡素化、(2)意匠審査基準に関するその他の見直し等について、特許庁職員が
わかりやすく説明します。

2.グローバル知財戦略フォーラム2019
https://ip-forum2019.inpit.go.jp/

 

データ・技術・デザインといった多面的な知的財産/知的資産の利活用、
スタートアップのグローバル戦略に知財はどのような役割を果たしているのか、
等が議論されます。
1/28(月)、29(火)東京

3.INPIT 営業秘密・知財戦略セミナー
https://faq.inpit.go.jp/tradesecret/seminar/

企業内情報の流出が疑われる最近の事例、営業秘密の概要、営業秘密の民事的
保護/刑事的保護、情報漏えい対策、タイムスタンプ保管サービス等について
講義があります。
年明けは、 1/22(火)大阪、2/1(金)東京、2/22(金)神奈川など、
大都市圏で開催されます。

4.第18回JIPA知財シンポジウム
https://www.jipa.or.jp/form/18sympo.html

新たなグローバル世界の展望や今後の知財の保護の在り方、また、競争と
協調によりグローバルに 成長を果たすための事業戦略とこれを支える知財の
役割について、有識者による講演やパネルディスカッションが行われます。
2/14(木)10:00~17:30 東京 

5.平成30年著作権法改正の評価と課題
http://www.kisc.meiji.ac.jp/~ip/events/index.html

明治大学のシンポジウムです。平成30年著作権法改正について、立法過程での
議論を踏まえながら,柔軟な権利制限規定および教育の情報化,TPP11協定の
発効に伴う著作権法改正に焦点を当て,その評価と今後の課題を検討する。

1/13(日)13:00から17:30 東京

6.日本弁理士会 中央知的財産研究所 第16回公開フォーラム
https://www.jpaa.or.jp/event/20181207/

「用途発明-その権利成立と権利行使の場面での問題をめぐって-」をテーマに
法学者と実務家が講演します。

大阪:1/28(月)13:00~17:00
東京:2/4(月)13:00~17:00

7.発明推進協会 特許出願と事業戦略に役立つ特許情報活用セミナー
https://ip-bunseki.go.jp/semina.html

特許情報の基礎知識から出願・事業戦略への活かし方、自社分析にも応用できる
テクニックを解説します。
東京:1/25(金)13:45~16:30