今日から、特許・情報フェアが開幕しましたが、クラリベイト・アナリティクス・ジャパンと日立が、DWPIデータを日立のShareresearchで活用することに合意したそうです。

 

DPWIは人手で英文抄録を作成しており、そのコストを回収したいクラリベイトと、Shareresearchの外国機能を強化したい日立の思惑が一致したものと思われます。

Shareresearchは、日本語、英語以外のデータが手薄でした。

 

https://clarivate.jp/news-releases/2018-11-05-clarivate-hitachi-partnership-consideration/

クラリベイト・アナリティクス・ジャパンと日立が知的財産分野の市場活性化を目的とした新サービスの開発検討に合意

 

2018年11月05日
クラリベイト・アナリティクス・ジャパン株式会社
株式会社日立製作所

 

 学術情報・知的財産・ライフサイエンスに関する世界的な情報サービス企業である、クラリベイト・アナリティクス(本社:米国フィラデルフィア)の日本法人クラリベイト・アナリティクス・ジャパン株式会社(代表取締役:Timothy Neely/以下、クラリベイト)と、株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、このたび、知的財産分野の市場活性化を目的に、新サービスの開発に向けた検討を開始することで基本合意しました。
 具体的には、グローバル特許データを高度に要約・編集したデータベースであるクラリベイトの「Derwent World Patents Index(以下、DWPI*1)」を、日立の特許情報提供サービス「Shareresearch (以下、シェアリサーチ)」から閲覧できる新機能の開発を両社で検討します。両社のソリューションを組み合わせ、英語はもとよりドイツ語や中国語、韓国語など30言語以上の海外特許文献や技術文献を高度に要約・編集した特許データを容易に閲覧可能とする新機能の開発により、海外特許の効率的な調査を支援し、企業の知的財産戦略に寄与することをめざします。
*1 DWPI:世界最大級の付加価値特許データベース。