「ポプテピピック」などの人気作品を刊行している竹書房が、漫画村など海賊版対策に関するインタビューに応じています。

 

竹書房は中小企業のため、漫画村等の被害があと1年続いたら、会社が潰れていただろうとのことです。

 

ブロッキングが正しい手段かはなんとも言えないが、なんからかの対策を打ってほしいところで、実行に向かって動いていたのは有難いとのことです。

 

現在はブロッキングの必要はなくなっているようです。ですが、通信の自由など憲法に関する「神学論争」をするよりも、目の前で犯罪が行われていたのですから、警察などが早く動くことが重要だったのではないでしょうか。

 

https://www.buzzfeed.com/jp/takumiharimaya/takeshobo-blocking

「漫画村」など海賊版サイトについて対策を検討してきた政府の知的財産戦略本部の検討会議。

事務局は9月13日、特定サイトへのブロッキングの法制化について「合意できなかった」とする中間とりまとめ案を示した。


BuzzFeed Newsはこれまで、集英社、講談社、KADOKAWAの大手出版社に海賊版サイトに行なった対策などを取材をしてきた。

今回は「ポプテピピック」などの人気作品を刊行している竹書房に、これまでの取り組みなどを聞いた。

 

漫画村で電子書籍が初の売り上げダウン

 

同社執行役員の竹村響さんが取材に応えた。

竹村さんは9月2日に開催された一般財団法人情報法制研究所(以下、JILIS)のシンポジウムに「我々のような中小企業の意見も」と出席していた。

−−漫画村による被害を、どの程度と見積もっていますか。

漫画村は今年の年明けから大きくPVを上げてきて、5〜6月には収束したとされています。

弊社は今期の前半において電子書籍だけでも2割落ちている。それが漫画村消滅以降は回復しました。

竹書房では08年から電子書籍に取り組んでいる。11年にガラケーからスマホにシフトするタイミングで多少の落ち込みはあったが、基本的に11年以降売り上げが下がったことはなかった。18年上半期は初のダウンでした。

 

−−金額に置き換えるとどの程度でしょう。

どこで捉えるかだが、上代ベースで数億円の被害ではないでしょうか。痛いなんてものじゃありません。

JILISのシンポジウムでも伝えたかったのは、我々のような中小企業にとって海賊版サイトは深刻であるということ。

竹書房はミリオンセラーを出したことがなく、特段「これがヒット作」というものがない。ビジネスモデルは薄く広く売ることで、マーケットに強く依存したものになっている。

海賊版サイトによって、各電子書籍サービスの売り上げが減れば、比例して減る。マーケットに依存しているからこそ被害は大きいのです。

 

−−ブロッキングについてどう考えますか。

テクノロジー論を我々が語るべきではないし、ブロッキングが正しい手段かはなんとも言えない。しかし、なんからかの対策を打ってほしいところで、実行に向かって動いていたのは有難いと思っています。

すでに起こった犯罪に対処するのではなく、いま起こっている犯罪にどうするかが重要。被害額がいくらとか、規模がどうかの議論をする前に被害はもう生まれています。

漫画村がもう1年続いていたら、会社は潰れていたかもしれません。

また、作家さんを代理している立場で、我々に出る被害は作家さんにも及びます。それによって廃業せざるを得ない作家さんも出てくるかもしれない状況でした。

 

−−これまでの知財本部の検討会議、疑問に感じたことはありますか。

構成員の中に小売の当事者がいないことです。本の版元はいたけど、電子書籍サービスを運用する人が参加していない。テクノロジーに関しては出版社より長けているのではないでしょうか。