東京大学主催、NOKIAと日本知財学会後援のセミナーです。

 

オープンな知財権の活用の仕組みや、先進的な取り組み、最新の分析結果などを、第一線の企業の知財ディレクターや研究者、実務家を交えて議論し、参加者と共有することを目的として開催するとのことです。

 

http://pari.u-tokyo.ac.jp/events/201809/pari/event-10632/

知的財産の集合的活用と制度 -IP sharing system and its advances management-

 

【日時】

2018年9月7日(金)14:00-18:00 (13:30開場予定)
  • 【会場】
    東京大学本郷キャンパス 伊藤国際学術研究センターB2F 伊藤謝恩ホール 地図
  • 【主催】
    東京大学政策ビジョン研究センター(PARI)
  • 【後援】
    NOKIA
    一般社団法人日本知財学会
  • 【備考】
    無料・要事前登録 ※定員に達し次第、お申込み受付を終了いたします。
    イベント詳細パンフレットはこちら
  • 【言語】
    日本語/英語 ※同時通訳あり

趣旨

特許権や著作権などの知的財産権の活用は、長い間クローズ戦略における活用、すなわち排他権を効力とするものが中心であったと言えます。しかしオープンソースソフトウエア(OSS)の登場以来、特許のコモンズやパテントプールなどに徐々に拡大してきました。最近では新たな知財とも目されるデータの共有利活用の仕組みの提案なども行われています。 本シンポジウムは、これらオープンな知財権の活用の仕組みや、先進的な取り組み、最新の分析結果などを、第一線の企業の知財ディレクターや研究者、実務家を交えて議論し、参加者と共有することを目的として開催いたします。

プログラム(予定)

13:30-

開場、受付開始

14:00-14:10

オープニング挨拶:渡部俊也(東京大学政策ビジョン研究センター 教授)

14:10-14:40

講演1:「データを含む知財を集合的に活用する:AI・クラウド時代への対応」
Mark J Ringes (Vice President and Assistant General Counsel IP law, IBM)

14:45-15:15

講演2:「イノベーションを主導する方法の選択と知的財産」
Timo Ali-Vehmas (Nokia Fellow, Ecosystem Research, Nokia Technologies / Chairman of Nokia Foundation)

15:20-15:50

研究報告:「特許情報を集合的に活用する:特許コモンズの効果」
吉岡(小林)徹(東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻 特任助教)

16:00-17:40

パネル討論:「特許とデータの集合システムを考える」
モデレーター:二又俊文(東京大学政策ビジョン研究センター 客員研究員)
パネリスト:
Mark J Ringes(Vice President and Assistant General Counsel IP law, IBM)
Timo Ali-Vehmas (Nokia Fellow, Ecosystem Research, Nokia Technologies / Chairman of Nokia Foundation)
加藤恒(三菱電機株式会社 常務執行役)
山中昭利(株式会社デンソー 知的財産部 部長)
池田毅(森・濱田松本法律事務所 弁護士)

17:40-18:00

総括・クロージング:渡部俊也(東京大学政策ビジョン研究センター 教授)

登壇者・プログラムは都合により変更となる場合があります。