本日、知財管理 2018年5月号 目次が公表されました。

 

知財マッチング、東南アジア等の小売等役務商標、税関差止、判例、サポート要件など、国内外のトピックが盛りだくさんです。

 

意匠の調査と類否判断は、ぜひ読んでみたい内容です。

 

http://www.jipa.or.jp/kikansi/chizaikanri/mokuji/mokuji1805.html

大企業の未使用特許を中小企業で利活用する知財マッチングの取り組み -川崎市での活動内容と事例- 宇崎 勝 587

 

東アジア・東南アジアの主要国・地域における小売等役務商標の実務 山田 威一郎/石上 和輝 599


新規性喪失の例外規定の実務上の留意点と今後の課題-公開態様の多様化と複数回公開- 藤本 昇 612

 

国内の税関による輸入差止めにおける意匠権活用の調査研究 意匠委員会第2小委員会 625

 

判例と実務シリーズ:No.481
上告審係属中の訂正審決確定と上告審における審理及び訂正の再抗弁の要件 -シートカッター事件- 平野 和宏 638

 

判例と実務シリーズ:No.482
飲食品の風味に関するパラメータ発明のサポート要件 -トマト含有飲料事件- 北野 善基 654


海外注目判決:No.34
[米国]Water Splash事件判決が米国訴訟における日本企業への訴状送達に与える影響  横田 真一朗/辰野 嘉則 667


海外注目判決:No.35
[カナダ]最高裁が発明の有用性判断基準としてのPromise Doctrineを否定 三宅 俊男/長谷川 洋 677

 

今更聞けないシリーズ:No.130
OSSライセンス遵守のための基礎知識 上山 浩 688

 

今更聞けないシリーズ:No.131
意匠の調査と類否判断 笹野 拓馬 696