都内はかなりの雪になってきました。

ご覧の通り、15時時点の弁理士会館、特許庁、霞が関ビルもすっかり吹雪いています。

 

ところで、1/20に米国連邦予算が承認されなかったため、20日より、一部の連邦政府機関が閉鎖になりました。

https://www.asahi.com/articles/ASL1N2W62L1NUHBI00M.html

 米連邦政府の暫定予算の期限切れが迫るなか、米上院(定数100)が19日夜、つなぎ予算案の動議を否決し、20日未明(日本時間20日午後2時)から政府機関が一部閉鎖される見通しとなった。オバマ政権下の2013年10月以来約4年ぶり。ただ、与野党は引き続き協議を続けており、閉鎖を短期間にとどめる妥協が成立する可能性はある。

 下院は18日、来月16日までのつなぎ予算案を可決したが、上院では共和党が51議席しかなく、可決に必要な60票を得るため民主党の協力が不可欠だった。しかし、不法移民の救済制度を巡り与野党の溝が埋まらず、19日深夜に動議の採決で否決された。

 

しかし、USPTOについては、前年度の支払われた予算(年金等)があり、数週間業務を継続するとのことです。

https://www.uspto.gov/uspto-operating-status

While activities across much of the federal government ceased at 12:01 a.m. January 20, 2018, due to a lack of appropriated funding, the USPTO remains operational.

This is possible because the agency has access to prior year fee collections, which enables the USPTO to continue normal operations for a few weeks. Should the USPTO exhaust these funds before a government shutdown comes to an end, the agency would have to shut down at that time, although a very small staff would continue to work to accept new applications and maintain IT infrastructure, among other functions.

Further information regarding any adjustments to the USPTO’s operating status during a federal government shutdown will be posted on the USPTO website and delivered to the news media.