明日発売の法学教室 2018年2月号では、「エンターテインメントと知的財産法」が特集されます。

著者は法学者の先生です。身近な音楽,映画,演劇,漫画,ゲーム,ファッションといったエンターテインメントの世界と,知的財産法がどのように関係してくるのか,近時の事件も視野に置きつつ解説するそうです。

 

法学教室は、ジュリストに比べ法学部の学生やロースクールの学生向けで、読みやすい内容ではないかと思います。

 

http://www.yuhikaku.co.jp/hougaku/next

特 集 「エンターテインメントと知的財産法」

Ⅰ 音楽◆茶園成樹

Ⅱ デザイン◆駒田泰土

Ⅲ ゲーム◆島並 良

Ⅳ 舞台芸術◆上野達弘

Ⅴ 二次創作◆金子敏哉

Ⅵ インターネット◆奥邨弘司

 

内容紹介

 法学教室2月号の特集は,「エンターテインメントと知的財産法」です。身近な音楽,映画,演劇,漫画,ゲーム,ファッションといったエンターテインメントの世界と,知的財産法がどのように関係してくるのか,近時の事件も視野に置きつつ,理解を深めていきます。
 そのほか,特別企画「憲法を学問する」の第4回と,時事的な記事として「仮想通貨の法的性質」を掲載しています。仮想通貨は知ってるけど法的な位置付けはよく分からない…と感じている方はぜひ。 充実の記事・好評連載が盛りだくさんの法学教室2月号,どうぞご一読を。