弁護士さんの広告に関する書籍です。

アディーレの広告が問題になり、その処分が終わった直後で、タイムリーと思います。

 

弁護士が広告出すにあたって、具体的にどのような方法が適切かつ違反やリスクがないか、Q&A形式でわかりやすく解説するとのことです。

弁理士など他士業でも倫理観は要求されますので、役立つかもしれません。

 

内容紹介

弁護士が広告出すにあたって、具体的にどのような方法が適切かつ違反やリスクがないか、Q&A形式でわかりやすく解説する。使い方を誤れば有害にもなりうる弁護士広告を、違反を犯さず効果的に出す弁護士になるための1冊。

出版社からのコメント

○弁護士の業務広告に関する規程についての正しい知識を得ることができる

○どのような広告が違反広告に当たるのか気付けるようになる

○違反広告とならず、かつ、依頼人から信頼され、集客に結び付くような効果的な広告の出し方を理解することができる

○web広告を中心に昨今頻出している違反事例やリスクを具体的なケースを通じて知ることができる