一昨日行われた、特定侵害訴訟代理業務試験の問題及び論点が公表されています。

http://www.jpo.go.jp/torikumi/benrishi/benrishi2/shingai_h29_mondai.htm

 

第一問の大問は、特許侵害論の具体的な話で、特許公報の量と問題数が多く、時間内に解くのが結構大変だったかもしれません。

第一問の小問は、民事訴訟法よりも特許法に関する問題で、最近弁理士試験に合格された方のほうが有利だったのではと思います。

 

第二問の大問は、オーソドックスな問題と思いますが、午前、午後とも原告側の問題を出すのは、やや意表を突いた出題だったかもしれません。

第二問の小問1つが契約に関する民法で、弁理士にとっては少々取っつきにくい問題だったかもしれません。小問2の弁論主義等は民訴法の基礎で、難しくなかったと思われます。