昨日発売のビジネス法務では、ベンチャー投資・買収の実務ポイントが、第2特集で採り上げられています。

 

GoogleがHTCの一部門を買収したニュースもあったように、M&Aがブームになっています。

ただ、M&Aを知財面を重視で決めることは、ほとんどないと思います。

 

以下のような様々なポイントを考慮して、投資や買収を決めるのが普通と思います。

 

【特集2】
ベンチャー投資・買収の実務ポイント
・経営者・法務担当者が持つべき戦略的視座
(水島 淳)

・基礎から押さえる
ベンチャー投資・買収の用語集
(東 陽介/岡野貴明)

・事業評価から最終合意までの手続・交渉の留意点
(棚橋 元)

・条項例に見る
種類株式・投資契約のトレンドと特性
(髙原達広)

・コンバーティブル・エクイティ誕生の背景
(増島雅和)

【判例解説】
・オリンパス590億円賠償命令にみる
会社に対する役員責任の範囲
(髙橋陽一)