今週の週刊東洋経済は、民法改正が特集です。

 

買ってみました。法律を専門とする方には、物足りない内容かもしれませんが、一般向けにはわかりやすく書かれていると思います。

 

知財法に与える影響は、債権の消滅時効などですが、それほど多くありません。

 

【第1特集】まるわかり 民法大改正&個人情報保護法
図解 改正でここが変わる! 毎日の実務と契約
1分でわかる 改正民法&改正個人情報保護法 マンガ『ベンチャー経営者 東洋太郎 法律に目覚めた! 』
Part1 民法改正でビジネスが変わる!
売買 「契約不適合責任」で問題の解決策は柔軟に
保証 保証人に手厚い保護策 債務者へのチェック容易に
約款 ありそうで実はなかった約款のルールが明確化
債権 短期消滅時効の廃止で債権者にメリットは?
[民法改正で激変(1) ITサービス] 中小開発会社はピンチに
[民法改正で激変(2) 不動産] 事業者は特記事項が命
COLUMN│「譲渡禁止」債権も譲渡できるように
[民法改正で激変(3) 金融] 保険実務への影響は大きい
敏腕弁護士の「民法事件簿」「助けてください! 取引先が代金を払ってくれません」
Part2 何もしないと大変! 個人情報保護法
どこまでが個人情報? 大改正で何が変わったか
経営者、総務担当者はすぐ対応を! 対策のための4ステップ
「個人情報保護委員会」との賢い付き合い方
マンション管理組合は個人情報の山
COLUMN│EU「個人データ保護」新法の衝撃
「匿名加工情報」新設の効果は ビッグデータ活用への布石
Q&A ビジネスマンのための法律相談

AD