有斐閣より出版予定の民法(債権法)改正のポイント解説です。

民法の基本書で有名な、東京大学の大村先生が編集しています。

 

現行制度の概要から改正に至るこれまでの動きを丁寧に解説し,何がどう変わるのか,改正法の全体像を示すとのことです。

 

http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641137356

解説 民法(債権法)改正のポイント

 

現行制度から改正法の内容までをこの1冊で!.

大村 敦志 (東京大学教授),道垣内 弘人 (東京大学教授)/編

 

2017年09月下旬予定 四六判並製カバー付 , 520ページ

予定価 3,456円(本体 3,200円)

ISBN 978-4-641-13735-6

 

制定以来,初の大規模な改正を迎えた債権法。本書では,現行制度の概要から改正に至るこれまでの動きを丁寧に解説し,何がどう変わるのか,改正法の全体像を示す。各項目には「改正のポイント」を付し,要点をおさえながら読み進めることができる。