日本弁理士協同組合のe-honサービスで、以下の書籍を購入しました。

 

「ジェネリック vs ブロックバスター」は、特許審査官出身の著者が、ブロックバスターをいかに守るか、1500件以上の特許情報を分析し、先発医薬品企業によるジェネリック参入阻止戦略の実態を示した書籍です。

 

パテントマップのようなものは出てきませんが、著者が大学院で研究した内容をベースに、動向分析等がなされています。

 

ハーバード・ビジネス・レビュー7月号は、生産性向上がテーマです。

最初の日本電産 永守社長のインタビューは、なかなか刺激的な内容でした。

全てに同意はできませんが、なるほどと思うところも多々あります。