平成29年10月30日(月)から同年11月1日(水)にかけて、国際知財司法シンポジウム(仮)2017~日中韓・ASEAN諸国における知的財産紛争解決~が開催されます。

 

場所は霞ヶ関の弁護士会館です。

 

昨年は日欧知的財産司法シンポジウムが開催されましたが、こちらも楽しみなシンポジウムですね。

 

http://www.ip.courts.go.jp/documents/thesis/2017_simpo_kaisaiyotei/index.html

 知財高裁は,平成29年10月30日(月)から同年11月1日(水)にかけて,アジア地域の裁判官らが参加する国際知財司法シンポジウム(仮)2017を主催することになりました。この国際シンポジウムは,知財関係紛争に関する各国の法制度や課題を理解するとともに,共通認識を醸成することによって,アジア地域全体の紛争処理能力の向上を図り,さらに我が国の法曹関係者や海外進出を行う民間企業等に知財関係紛争に関する情報を提供することを目的とするものです。


 知財高裁は,最高裁,法務省,特許庁,日弁連及び弁護士知財ネットとともに,この国際シンポジウムの開催に向けて準備を進めており,会議初日に,特許訴訟における証拠収集手続をテーマとする各国模擬裁判を行う予定にしています。

 会議の概要はこちらをご覧ください。(PDF164KB)